α7 IIIの瞳オートフォーカスが凄い!

α7シリーズは、高い性能が認められたミラーレス一眼カメラです。
α7RIIIは雑誌やレビューで、最も性能が高いと評価されています。
人気のニコンのD850などより高評価を得ているところがすごいです。
そんなαシリーズに新しいIIIが加わります。
α7IIIです。

α7IIIは瞳を認識して自動でフォーカスを合わす

α7IIIの試用した動画を見ましたが、1番凄いと思うところが、人間の顔を認識・・ってそんなのは当たり前ですよね。
人間の瞳を認識して瞳にフォーカスを合わせ続ける機能が素晴らしい点です。

 
ポートレートを撮影する時、素晴らしい効果を発揮するでしょう。
おそらく、α7シリーズではどんなユーザーが使うかで性能の尖りを作っていると思われます。
一転高性能主義と言ってもあながち間違えでないかもしれません。
オールマイティな一台ではなく、ユーザーに合わせた高性能な一台です。
その極め付けがα7Sでしょう。
では、α7IIIはどんなユーザーを想定しているんかって考えてしまいました。
α7IIIは、標準的な性能を有する機体と言われています。
つまりスタンダードモデル。
しかし、瞳AFが進化して搭載されている点を見るに、スタンダードモデルと言うより、使用用途がポートレートなどの撮影が多いカメラマンに向けたモデルと言えるのではないでしょうか。
昨今需要が高まりつつある、個人向けのプロフィール写真の様な、スタジオで撮る自分物写真ではなく、野外で撮るポートレートに使いやすいモデルだと考えられると思います。
 

α7シリーズの商品展開が面白い

ソニーのミラーレス一眼カメラの商品展開がおもしろいと思うのです。
かなり、細かいスパンで新製品を発表しています。
しかも、旧機種もラインナップに残したままでの商品展開です。
例えばα7の初代も現在でも普通に買えます。
αline
初期からα7の上位機種としてα7Rが販売されたわけではなく、光学ローパスフィルターを除去して、低ノイズを狙った一台と言えるわけです。
もちろん、α7Sは解像度を落としても暗闇でも撮れる性能を追求しています。
それは、星を撮る、夜景を撮るなどのユーザーに特化した製品を供給するためと言えます。
では、上位機種はと言うと、上位機種は数字で表す。
新しい新製品と言う意味合いと、上位機種であると言う意味合いでII、IIIと付けられていると思います。
値段ラインナップもそうなっていて、α7IIIの上位機種がα7RIIIではない事がわかります。
あくまで昨日特化。
オールマイティーな一台ではなく、尖った局地戦の一台を目指しているのではないかと思うのです。
カメラマンは、自分の好き、得意とする分野があります。
風景ばかり撮る人もいれば、ネイチャーを種としている人もいる。
ポートレイトを仕事にしている人もいれば、スタジオ撮影を仕事にしている人もいる。
あまり、越境して他の分野に行かないのもカメラマンの特徴の様に思えるのです。
だったら、全てを積み込むのではなく、機能を特化することで、自分の分野に向いた、マイベストカメラになるを目指しているのではないでしょうか。

Follow me!