α77と再会するデジタル一眼レフカメラ

一眼レフカメラは、幼いころ憧れでした。
小学生の時に欲しいって、カメラカタログを買ってました。
当時はカタログが販売されていたんです。
さて、ここ十年以上カメラを本格的にはやっていません。
この歳になって、再びカメラをやってみようかと考えています。
 

α77を中古で購入選んだ理由はレンズ

再び始めたカメラの相棒に選んだカメラはα77です。
ソニーの一眼のASP-Sの上級カメラといった位置づけでしょうか。
上位機種はα99でこちらは35㎜
ソニーは、ミラーレスに力を入れているので、現在フラッグシップモデルと言えばα9になるでしょうか。
しかし、バリエーションの多さでα7がフラッグシップと言っても過言ではありませんね。
私も実は、α7Sが欲しかったんです。
Sは、本当に暗い場所でも撮影可能な高性能センサーを搭載したカメラです。
夜景や夜空を撮るには最適な一台なんですが、少々値段が高い。
それに、レンズが合わない。
今持っているレンズを使いたいと言う財政的な理由からα77に決定しました。
しかも、中古。
たまたま、中古を見てたら良い出物を発見!
これしかないって思って購入に至った次第。
これね、ほんとめぐりあわせと言うか、安かった。
α77

ミノルタからソニーへ

私の一眼レフとのお付き合いはミノルタから始まります。
高校に入学と同時に、一眼レフを買おうと計画していました。
当時、安い一眼で、リコーのカメラがあったんです。
これで言いかって思ってたんですが、叔父からミノルタのカメラを入学祝にもらいました。
叔父はカメラ店に勤めていたのです。
そこから高校時代はミノルタを愛用しました。
社会人になり、結婚する時に新婚旅行に行くにも新しいカメラがほしいとαを買いました。
私が買ったソニーのαにもミノルタのレンズが付いています。
銀塩の頃はミノルタα707を使っていて、すかさず50㎜f1.4のレンズを購入しました。
明るいレンズは必修ですからね。
α77

私を再びカメラの世界に引き戻した人

私に再びカメラを持たせたのは、カメラマンのKiyohk Sdukiさんです。
彼女とは、湘南のワークショップで出会いました。
彼女の影響で再びカメラをやってみたいと思うようになりました。
彼女の才能はすごい。
自分も写真を撮りたいって思ったわけです。
高校の時は、暗室で白黒を焼いていました。
今はデジタルカメラの時代です。
当時は露出に失敗したら取返しつきませんでしたが、今はカメラが補正してくれるし、デジタルで後で治せます。
だから逆に、テクニックは構図や画にこだわったところになった。
写真に集中できるってわけですね。
昔はネイチャーが好きで、接写ばかりしていた私。
でも、本当はポートレート(女性)が撮りたいかな。
あと、風景も。
少し寂しげな風景。
特に雪景色を撮影したいと思っています。

Follow me!