いずもをF35B運用可能な空母へ改装

空母型護衛艦いずもをF35Bを運用可能な空母に改装することを決定したと報道されました。
 

航空母艦型護衛艦いずもとかが

航空母艦型護衛艦は、ひゅうが型の護衛艦から進化大型化して、いずもが建造された。
ヘリ空母となっているため、甲板がジェット排気流に耐えられない。
改修して、F35Bの運用に耐える甲板にする計画の様だ。
ヘリ空母と、航空母艦では運用目的がかなり変わってくる。
ヘリ空母だと、対戦能力の強化が主体で、輸送能力の高さから離党防衛の際の人員輸送も目的の一つとなると考えられる。
航空母艦となると、離島防衛の際の対空・対艦の要となると思われる。
ひゅうが型は、明らかに小さく、独自の自衛装備も搭載されていることから、ヘリ空母として配備されると考えられる。
いずも型であっても軽空母と言えるぐらいの大きさで、正規空母となるとアメリカの様な10万トンクラス。
少なくとも6万トン程度が必要と言うのが多くの人の意見だと思う。
ただ、航空母艦は海上自衛隊の悲願ともいえるので、その先駆けとなるソフトランディングの第一弾とも言える。
次期新造艦は大型化する可能性が高いと思われるが、このクラスを多数製造する可能性も日本の沿岸線防衛の長さを考えると利点があると言えるかもしれない。
 

離島防衛の要と考えている空母型護衛艦

日本は海洋国家。
防衛は海洋が主体となることは明らか。
海上で敵を迎え撃って、本土に近づけないのが基本となるでしょう。
日本は、本土が狭いので、侵攻を受けた際に本土からスクランブル発進して間に合うと言える。
しかし、離島の防衛では、補給船が伸びる可能性があり、補給の観点から言っても空母があれば利点がおおいという事は頷ける。

小さすぎると指摘があるいずも級だがはたして

いずも級の空母は、空母としては小さい。
航空打撃力としては弱いと言える。
ただ、日本が保有できるギリギリの線と日本政府は考えているのではと思われる。
これ以上の打撃力を備えた場合、戦後を引きずる日本としては、答弁に苦労することとなる。
打撃力としては小さすぎるが、日本の防衛面積を考えると、決して小さいとはいいがたい。
航空自衛隊の各基地とはもちろん連携するわけで、飛行距離が長くなり、戦闘行動時間が短くなる分のオプションとして、燃料補給機の運用を含めてのオプションの一つと考えると、有用だと言える。
 

Follow me!