もう少し先へ行きたい人へ今ipadを買うべき3つの理由

スマホの画面が小さいと感じたことはありませんか。
新しいiPadが低価格で発売されました。
画面が小さくて目が疲れるなどを解決できるタブレット。
買いやすくなったiPadを今買うべき3つの理由をご紹介します。
 

iPadが安くなった

新しくiPadが安くなりました。
32GBなら37,800円、128GB44,800円で購入可能になりました。
iPadを使ってみて思うことは、これ一つあればほとんどの事ができるってことです。
Webブラウズするのも、雑誌を読むのも、kindleで本を読むのも、表計算も、プレゼンも・・・
アップルのCMじゃありませんが、これさえあれば何もいらないって感じです。
もちろん、iPhoneでもいいんじゃないのって声もあると思いますが、iPhoneに比べて画面が大きくて見やすい。
やはり、文章を作成したり、本や雑誌を読むのは画面が大きいほうがいい。
なにより、価格がiPhoneに比べて格段に安いですよね。
画面が大きいと、ツムツムで、横のツムを掴んで「ゲッ」って思うこともありません。
 

これが本命SWift Playgrounds日本語化で学べるプログラム

今iPadの購入をおすすめする本命がこれ!
Swift Playgroundsが日本語化されたことです。
Swiftはアップルが作ったプログラム言語で、Macだけでなく、iOSアプリを作るための言語です。
従来はC言語で作らなければならなかった様な本格的なアプリケーションを簡単に制作可能です。
iOSが司っているほとんどの機能を使用することができます。
アップルのOSだけでなく、linux上でも動くプログラムを作れるので、今後広がっていくことが予想されます。
このSwift、MacがなくてもプログラミングをiPadで学ぶことができるのがSwift Playgroundsなんです。
今まではMacが必要だったんですが、安いiPadで本格的プログラミングが、ゲーム感覚で学べます。
プログラム言語は簡単になってきています。
にもかかわらずプログラマーの数は今も不足していて、今後も不足し続けると予想されています。
Macをポンとお子さんに買い与えられない方でも、iPadなら買い与えられます。
情報を仕入れるツールとしてだけでなく、プログラムを習得する教材として、iPadはおすすめです。
 

雑誌を電子書籍で読める

現在、dマガジンや楽天マガジンなどで、月刊だけでなく週刊の雑誌も数多く読める時代になりました。
特に楽天マガジンは、書店に並んでいるマニアックではない雑誌をほぼ網羅していて、月々費用を払う価値が大いにあるサービスです。
この様に雑誌を読むとなると、iPad程度の画面の大きさが必要です。
雑誌は、B5サイズで読まれる様にレイアウトしてあります。
あまりに小さな画面だと気軽にめくれる紙媒体が優れています。
iPadminiよりiPadが読みやすいと思います。
読みたい雑誌を全て買っていたら結構な金額になります。
iPadでネットマガジンを購読すれば、一定金額で読み放題でお得です。
ブログなどを書いている方が増えてきています。
最初の内はスラスラとネタが出てきていても、だんだん書ける記事が減って、そのうち辞めてしまう。
人のことは言えませんが、そういう人多いですよね。
ネガを探したいとき、雑誌を見ているとアイデアが浮かぶことがよくあります。
もちろん、直接紹介することもできますし、切り口を変えたりもできます。
ブログを書いている人には特にiPadはおすすめです。
 
 

Follow me!