アンチエイジングで一番気にしたいAGE

誰でも若くいたいって思うと思います。

私もそう。

若いと思っていても、気が付いてみると老けてますよね。

そこで考えるのがアンチエイジング。

アンチエイジングのために重要な物質AGEを考えてみましょう。

AGEとアンチエイジング

AGE終末糖化産物

AGEは、体内に入った炭水化物がブドウ糖に分解されます。

ブドウ糖は、体内のたんぱく質と結びついて、終末糖化産物になります。

これがAGEです。

AGEは、炭水化物が体に良くないと言われる根源となる物質。

血管や骨、皮膚などを老化させてしまうのです。

血管が老化すると、動脈硬化が発生し、心筋梗塞や脳梗塞になると言われています。

 

お肌には、たるみやシワとして現れます。

お肌のハリのためにコラーゲンを補充したり、エラスチンを採ったりしますよね。

こう言ったお肌のハリを支えているタンパク質はブドウ糖と結びついてしまいます。

それで発生するのがAGEなんです。

AGEとアンチエイジング

AGEの発生を抑えると、ハリのあるお肌が保てる

AGEの発生を抑えると、お肌のハリを保つことに役立ちます。

コラーゲンは、お肌を支える骨組みの様な物質。

コラーゲンが建物の柱や筋交いの様に働いて、お肌を支えています。

このコラーゲンに結びついてしまうのがブドウ糖。

コラーゲンって、代謝が遅いんです。

なかなか新陳代謝されません。

だから、糖化したコラーゲンは、お肌の奥の真皮部分から代謝されません。

糖化したコラーゲンは柱の役目をしないので、ハリが失われてしまいます。

 

お肌のハリを保つには、お肌を糖化させないことが重要です。

基礎代謝や、筋肉などで炭水化物や糖質を燃やしてしまい、皮膚にまで行かせないことが大切です。

 

糖質を制限して、余分な糖質を取らないことが若さを保つ秘訣といえますね。

 

AGEは、シミの原因となっているとも言われています。

どうしても年齢と共に代謝が遅くなり、AGEは代謝されず増えてしまいます。

美を保つには、日ごろから発生源となる糖質を制限する必要があるわけです。

タイトルとURLをコピーしました