カフェラテを、家で簡単に美味しいく入れる方法、100円均一ミルクジャグを利用!

カフェラテ好きですか?
カプチーノの方が好きなのですが、カフェラテも大好きです。
カフェラテは、スターバックスで飲むもの?そう思っている人も多いでしょう。
しかし、田舎に住む私には、スタバは少し離れた所にしかありません。
何でも、無いものは作りましょうってのが私のスタンスです。

お家でカフェラテを簡単に美味しく入れる方法

家でカフェラテを作る時にネックとなるのがフォームミルクです。
普通、フォームミルクはエスプレッソメーカーのスチームで作ります。
スチームでミルクをフォームすると、きめ細かなフォームミルクが出来上がります。
ラテアートを作ろうとすると、このスチームでのフォームミルクが最適です。
もちろん、コーヒーよりエスプレッソの方が濃淡が出やすいですね。
でも、エスプレッソメーカーは少し値が張ります。
用意も必要で、気軽に入れるという風にはいきません。
そこで登場するのが、ミルクフォーマーです。

先端が振動回転して泡立てる機械です。
最近では100円ショップでも売られているミルクフォーマです。
関心の高さが見て取れますね。
IKEAでも安価で売られています。
 

100円ショップ活用!シリコン製ミルクジャグが便利

綺麗にフォームミルクを注ぎ入れるために必要なものは、ミルクジャグです。
普通はステンレス製のミルクジャグ。
綺麗に勢いよく注ぐことで、綺麗な濃淡が出来て、ラテアートなどが作れるわけですね。
しかし、スチームでフォームできない訳ですから、ミルクは何かで温めなければなりません。
お鍋で?
いえいえ面倒なので、これ使いましょ!

シリコン製のミルクジャグです。
100円均一で買いました。
ミルクジャグと言っていますが、ミルクピッチャーですw
ただ、シリコン製なので、230℃まで耐熱が在り、電子レンジOKです。
 

ミルクジャグにミルクを注ぎましょう


ミルクジャグ(あくまでもミルクジャグと言張りますw)にミルクを注ぎます。
泡立てると、ミルクのかさが増えますので、量はほどほどにして下さい。
 

ミルクジャグごと電子レンジに入れて、ミルクを温めましょう!

暖かくないと、ミルクは泡立ち難いですし、泡を保てません。
冷たいミルクでは、泡はあっと言う間に消えてしまいますので、注意が必要です。
温めたら、ミルクを泡立てます。

ミルクフォーマで泡立てましょう!

ミルクフォーマで泡立てていきましょう。
すぐにフォームできますよ。
できるだけ空気は含ませる様にしてください。
でも、上に上げすぎるとミルクが跳ねます。
上に下に、少し上下させるといいですよ。
はい、フォームミルク出来上がりです。

白黒の濃淡が出来る様に注ぎましょう!

出来上がったフォームミルクは、カップを傾けてコーヒーの面を広くした状態の真ん中に注ぎ入れます。
真ん中に入れると、フォームミルクは下に沈み、コーヒーの黒い面が端に残り上に上がります。
これがスチームでフォームしたミルクだと、全体が均一にフォームされていて、コーヒーと混ざり難いのです。
更に、エスプレッソの様に濃厚なコーヒーは混ざり難い。
そのため、綺麗な濃淡が出来るのですね。
とりあえず、出来上がりです!

ハートを書こうとしましたが、失敗でした。
でも、味は変わりませんので、大丈夫です。
注意は、やはり100円均一のシリコン製品は、少し臭いが残るような気がします。
もう少し、しっかりしたものが在るといいですね。
でも、コスパは最高です。

Follow me!