福山雅治!脳みそ焼けるぞ!マイクロ波の影響は目だけではありません。

フジ系列で放送が始まったガリレオ。
一話が放送されました。
マイクロ波を使ったトリックについて、見ている人に誤解をまねくような言い回しをされていました。
マイクロ波を高出力で照射され、眼球白濁が起こるような状態であるならば、マイクロ波を反射するサングラスをかけたぐらいで被害を防ぐことはできません。
もしも、導電性のある繊維などで編まれた服などを着ていると、火花が散って発火したり、着火したりします。
もちろん、あの部屋の蛍光灯は、配線をしていなくても点灯します。
よくマジックで、手に持った蛍光灯をつける様なものがありますが、トリックはマイクロ波です。
眼球が一気に白濁するレベルのマイクロ波を浴びせられたとしたら、湯川先生の脳や、その他の臓器に問題が無かったのか気になります。
感受性の点から行くと、湯川先生に子種がなくなった可能性も指摘されます。
湯川先生、子孫を残せないかも・・・
強力なマイクロ波を浴びると、眼球や睾丸に影響が出やすいですが、その記述だけで脚本を書いてもらっては困ります。
眼球が、白濁するほどのマイクロ波に被爆したとしたら、脳にも影響が出ると思います。
目を覆っただけの湯川先生は、脳に影響が出、睾丸で精子を作れなくなっていないかと懸念されますね。
内蔵も焼けている可能性があります。
人間の細胞は、43℃以上になると随時死滅して行きます。
暑さを感じるのは、皮膚細胞等の感覚神経が通っている部位で感じます。
しかし、暑さを感じない臓器がどれほど死滅しているかは定かではありません。
 
さらに、いくら指向性を上げたとしても、周りの信者の影響は免れません。
 
マイクロ波治療器や電子レンジは、2.4GHzを使用しています。
マイクロ波治療器は、医療機器としての承認だけでなく、電波を発信する施設としても登録が義務付けられます。
申請書に必要事項を記載して、電波管理局に届け出なければなりません。
サスペンスや、推理物、特に科学現象を利用した推理物は脚本を書くのが難しい。
少し何かで掻い摘んだ程度の知識で脚本を書くと今回の様な脚本になるのでしょうね。
 
これが完全なフェクションとわかる、或いは架空の世界の話の脚本であったのなら問題は無いのかもしれません。
 
推理物としても、始まって直ぐにトリックがわかってしまう脚本ってどうなんでしょうね。
このドラマが20%越えの視聴率あったとしても、脚本家の成果ではなく、福山雅治さんの人気のおかげって事でしょうね。
 
犯人が、医療機器を作っていた町工場を経営していて、みたいなくだりがありましたが、マイクロ波治療器は、ISO13485認証を受けることを前提として作られている医療機器で、簡単に製作されるものではありません。
よっぽど電子レンジの方が簡単に作ることが可能だと言うことを述べておきます。
マイクロ波治療器を怪しげな治療器の様に言っている本脚本には文句を言いたい気分です。

Follow me!