サラシアが血糖値を上昇を緩やかにする鍵はα-グルコシダーゼの阻害

サラシアは最近話題の血糖値を急激に上げない成分だと思う。

吉野家の牛丼に、サラシア配合の物が出て、話題になっている。

私もサラシア牛丼は食べてみたが、味は普通の牛丼と大差ない。

 

404 NOT FOUND | 新店舗オープン情報局
全国の新規オープン店・開店する店舗の内容や求人情報などをご紹介

少し、他の牛丼チェーン店に近いような気がしたが牛丼を食べることができるなら容認する。
大体、日本人は昼飯と言えば炭水化物を取りたがる。

うどんだパスタだとランチに食べるのが多いだろう。

もちろん、昼は行動が増えるので、炭水化物を食べないと力も集中力も出ないので、しかたが無いことである。

しかし、血糖値を気にしている身としては、「お肉食べようぜ」と言いたくなるところだ。

affabdf970cc04180d42472786fa570c_s

血糖値を気にする人の昼食に強い見方のサラシア

同僚と昼食に行く。

この場合、特に男性は炭水化物を食べに行くことが多いだろう。

同僚との昼食も大切なコミュニケーションの時間。

むげに断ることもわけにも行かない。

牛丼でも食べるかと昼食に出た時に、牛丼屋では炭水化物抜きは難しい。

牛皿のみになってしまう。

 

そんな時、サラシア牛丼があると、なんだか少しほっとする。

サラシア牛丼でも有名なサラシアだが、本当に効果はあるのだろうか。

その前に、サラシアって何なんだろう。

99d8a90776c2044755242816a2fd3341_s

サラシア原産地 インドやスリランカに生息している植物

サラシアは、一つの植物の名前ではない。

サラシア属に属する植物のことを「サラシア」と言う

主に、南アジアに自生している。

インドやスリランカ、ミャンマーやタイなどが産地と言うわけだ。

サラシア自体は120種類ほどあると言う事で、全てが同じ効能があるかどうかもわからない。

 

サラシアの効能とは

サラシアは古くから効能があることがわかっていたようだ。

インドやスリランカで行なわれている伝統的な医療であるアーユルヴェーダがご存知のことだろう。

アーユルヴェーダや漢方というと、胡散臭がる人と効きそうと思う人に分かれるのだが、これらの東洋医学ではサラシアは知られた薬草であると言えるわけですね。

サラシアから抽出したエキスなどが使われている商品はたくさん販売されいる。

効能が西洋医学でも証明されると商品化が加速しするようだ。

アーユルヴェーダでは、糖尿病やリウマチ、喘息といった慢性病に効果があるといわれている。

最近ではWHOもその有効性を公式に認めているとのことなので、科学的にも高価が実証されてきていると言えるだろう。

タイトルとURLをコピーしました