スティーブ・ジョブズの人生は、あなたにはどう写るか!?

人の心に触れられれば、世界は変えられる!

既に、予告編見ただけで鳥肌が立っています。
映画「ステーブ・ジョブズ」の予告編が公開されています。
予告編に出てくる言葉!
「人に心に触れられれば、世界は変えられる」
この言葉、凄いですね、その通りです。
[embedplusvideo height=”281″ width=”450″ editlink=”https://bit.ly/145bEsX” standard=”https://www.youtube.com/v/JKM3IuVNgxI?fs=1″ vars=”ytid=JKM3IuVNgxI&width=450&height=281&start=&stop=&rs=w&hd=0&autoplay=0&react=1&chapters=&notes=” id=”ep3091″ /] 予告編を見るだけで鳥肌ものの映画。
私は、iPhoneのSiriをON状態にして映画をみるに違いない。
そして、鳥肌の立つ台詞の全てを記録したい。
そんな気にさせられています。
 
スティーブ・ジョブズが凄いって言う事は誰もが認める所。
でも、その生き様は賛否あるのではないでしょうか。
それはあまりにも強烈なキャラクターと、自己中心的な考え方が、仲間となった人に多大な影響を与える。
アメリカでさえそうだったのです、日本なら・・・
ステーブ・ジョブズは完全に潰れていたかもしれませんねw
ステーブ・ジョブズ
小さなガレージの一室から、大きな世界が見える。
なんだかワクワクしませんか?
ワクワクしなければ、羽ばたけない。
羽を持っていないって事かもしれません。
 
当時、スティーブ・ウォズニアックの様に、自分自身でマイクロコンピューターを作ろうとしていた人は多かった訳です。
その中で、Appleが急成長できたのは、やはり、ステーブ・ジョブズの能力に寄る所が大きいでしょう。
よく、PCについては、スティーブ・ジョブズは素人だって意見を聞きます。
ビル・ゲイツだってそうです。
ビル・ゲイツは、コードの一行だって書けない。
そう言われてい比喩されてきました。
 
技術者は、技術や知識を持っている人が偉いと思いがちです。
私もそうでした。
でも、やっぱり、それをマネタイズできる人が凄いのです。
お金を回す事なく、進歩を続ける企業は作れない。
何を言われようと、お金の力なくして、世界は変えられないのです。
しかし、そのお金をもたらすエモーションは、人の心ですよね。
人の心に触れられれば、世界は変えられる
普遍の原理ですね。

Follow me!