ダイエット効果で注目オメガ3脂肪酸にインスリン増産促進作用が!αリノレン酸が有効成分!

ダイエットに効果があるというオメガ3脂肪酸。

オメガ3脂肪酸はα‐リノレン酸の事。

α‐リノレン酸はとはどんな油で、どんな効果があるのか調べてみた。

 

オメガ3脂肪酸=αリノレン酸にインスリンの生産を促進する作用ある模様

オメガ3脂肪酸は、米国国立医学図書館 National Institutes of Healthの資料などで、インスリン抵抗性肥満に有効であると言う記事が掲載されています。

インスリンの生成を促す働きがあるらしく、インスリンの分泌が増えて、血糖値が下がると思われます。

オメガ3脂肪酸は、炭素の2重結合が前から3番目と4番目の炭素間にある脂肪酸のこと。

この油をα‐リノレン酸といいます。

詳しくはもう少し調べてみますが、オメガ3脂肪酸は、融点が低くなります。

なぜ、炭素の2重結合が増えると融点が低くなるかは、私の知識では説明できない。

ただ、α‐リノレン酸は、体内で変化を加えられて、エイコサペンタエン 酸(EPA)に、さらい変化してドコサヘキサエン酸(DHA)になります。

EPAやDHAは聞いたことがある人が多いでしょう。

脳に良い油として、できるだけ取るようにと言われている物質です。

DHAは、背の青い魚に多いとして、背の青い魚を食べるように言われています。

しかし、実は、α‐リノレン酸を摂ると体内でDHAは作られるわけです。

オメガ3脂肪酸=α‐リノレン酸

 

α‐リノレン酸はえごま油や亜麻仁油に豊富に含まれている

血糖値コントロールに有効性が見込めるα‐リノレン酸。

α‐リノレン酸はどの様な食品に多く含まれているのだろうか。

α‐リノレン酸は動物の体内では生成することはできず、植物が作る酵素を持っている。

ただ、植物を主に食べる草食動物の油にはα‐リノレン酸が含まれている。

植物プランクトンを食べる魚も同じ理由でα‐リノレン酸が含まれている。

植物油としては、シソ(エゴマ)油、亜麻仁油、チアなどは種子 油にα-リノレン酸が多いという特徴を持っている。

亜麻仁油などは最近有名になりブームになっている。

定期的に、亜麻仁油を摂取することで、ダイエット効果があるようだ。

血糖値コントロールにも役立つようで、油を様々な形で食すことが効果的と言えそうだ。

オメガ3脂肪酸=α‐リノレン酸

ただ、α‐リノレン酸は酸化しやすく、酸化したα‐リノレン酸は体に悪いようなので、フレッシュな油を食すべきといえそうだ。

α‐リノレン酸も引き続き調査をしていきたいと思う。

 

タイトルとURLをコピーしました