トークンが世界を変える!トークンとは何か?

トークンは、ビットコインなどで使われているブロックチェーンを使ったシステムで、通貨などの代わりになると言われている。

既存のブロックチェーン技術を使うトークン

トークンが社会を変える。
えっ!トークンって何?
JAPAN NET BANKのトークンしか知らない。
そう思ったのは「お金2.0」を読んだ時。
トークンネーティブって言葉まで登場してこまった。
そこでトークンについて調べて見た

トークンと仮想通貨の違い

どうやら、ブロックチェーンを使った決済方法の一種がトークンらしい。
所謂仮想通貨と仕組みは同じ。
仮想通貨もブロックチェーン技術を使った決済システムの事。
では、トークンと仮想通貨は何が違うのかと言うと、大きな違いは2つだそうだ。
1.トークンは独自のブロックチェーンプログラムを持っていない
2.トークンは発行枚数が決まっていない
トークンはと書いているように、ビットコインなどの仮想通貨は逆という事だ。
ビットコインなどの仮想通貨は、ブロックチェーン自体を独自に設計しているのに対し、トークンは既存のブロックチェーンを利用して作られているらしい。
さらに、ビットコインは発行枚数が決まっている。
今はマイニングされているが、規定枚数を超えるとマイニングしてもビットコインは算出されない。

トークンは紙幣と同じで発行枚数は発行者しだい

トークンは、発行枚数が限定されていないところが重要なところ。
発行枚数が規定されていないのは何かと似ていないだろうか。
そう、紙幣と同じ。

仮想通貨は金トークンは紙幣

仮想通貨は、通貨と言われているが、実は金金属に近い。
ビットコインは掘り出されている枚数が決まっているので、埋蔵量が決まっている金に似ているわけだ。
これに対して、トークンは発行される数量が決まっていない。
こちらは通貨に似ている。
つまり、ビットコインは仮想通貨と呼ばれているが、通貨というより金で、トークンの方が通貨と言える。
発行される数量が決まっていないので、発行主がコントロールできる。
ここが結構大切で、これまで国家が独占していた通貨を発行する権限を民間に個人に移す機能があると言えるわけでだ。
この凄さは、たとえ話の方がわかるかもしれない。

アマゾンがトークンを発行したとしたら

1番わかりやすい例がアマゾンが独自のトークンを発行するとって例えだと思う。
アマゾンには、生活に必要なありとあらゆる物が売っている。
だから、アマゾンのトークンを持っていれば、そのトークンだけで暮らす事が可能だと思う。
いや、家賃がとか言う人もいると思うが、アマゾンで使えたら大家さんだってトークン払いを承知してくれるに違いない。

様々な形のサービスをトークンにできる

独自に通貨を発行するような物なので、様々なサービスをトークンにする事もできる。
労働や時間などもトークンにして、それで支払う事も可能だろう。
アマゾンはどは労働をトークンで支払う事も可能かもしれない。
そうなるとアマゾンは国家の通貨に頼る事なく、独自のトークンだけで全ての決済を終了させる事ができる可能性もある。

カリオストロ公国が稼げないお金

トークンで経済が動くようになると、偽金で国家を支えているカリオストロ公国は破産してしまう。
現在論理上、ブロックチェーンで管理されているトークンや仮想通貨の偽造は不可能だからだ。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンのシステムは、素晴らしくよくできているらしい。
お金2.0の著者である佐藤航陽さんも嫉妬するぐらいだそうだ。
ブロックチェーンは、取引のやり取りを全て保管している。
すごいところは、その記録を分散して保存している。
いくつも保存されたデーターは、常に相互監視し合っていて1つを書き換えても、残っているデーターと違うところは修正されてしまう。
このためい、全てのデーター(51%以上書き換えると書き換えられる)を改ざんは事実上不可能だと言う事だ。

ブロックチェーン技術は世界を変える

ブロックチェーンの技術は、通貨だけに使われるものではない。
他のサービスにも使用することは可能だ。
一箇所に管理されていると消えてしまったり、改ざんされる可能性があるが、分散されているために改ざんされない。
なので、確実性が保証された方がいいデーターはブロックチェーン化する方がいいかもしれない。

著作権協会が要らない

今注目されているのは、著作権だと言う。
著作権は現在著作権協会が管理しているが、ブロックチェーンの技術を組み込む事で、著作権協会などが管理しなくても、使用料を製作者に支払う仕組みができると言う。
そう考えると、様々な契約もブロックチェーンの技術を使い履行される未来がやってくるに違いない。
詐欺などに会いにくなるに違いない。
契約なども透明になって、履行が確約される事になると取引の形態も変わってくるだろう。
ブロックチェーンとトークンをもう少し調べて見たいと思う。

Follow me!