パラリンピックで強いって事は、誇るべきことだ!

 
色んな競技をパラリンピックに見つけている@batoです。
今まさにパラリンピック真っ只中ですよね。
テレビでも放送されています。
 
パラリンピックを見ていると、知っている競技と知らない競技が出てきます。
車椅子バスケ、車椅子テニスなんてのはもうメジャーですよね。
車椅子テニスの国枝選手は、無茶苦茶強いですね。
 
車椅子で高速移動をするのは、とても大変そうです。
その他にも、ブラインド状態で行う競技も結構ありますね。
 
私思いますに、オリンピックのメダルを誇るのも当然ですが、パラリンピックのメダルこそ誇るべきだと思うんです。
パラリンピックは、体に障害を持つ方々が出場されます。
脚や手に障害があったり、目や耳に障害がある日とも居るでしょう。
 
しかし、これらの方々が暮らしていきやすい社会を構築できている事に誇りを持つべきだと思うのです。
いや、誤解されると困るんです。
障害のある人を、健常人が養っているって事じゃないんですよ。
ただ、社会が安定していて成熟して無いと、障害者の方々がスポーツをする環境にないのは事実です。
 
国が、いろいろな戦略によって選手を育成していくオリンピック選手と違い、
パラリンピックの選手は、自らの頑張りで、国の援助は少ないものだと思います。
個人が、自らの努力だけで世界大会に出場できるのは、貧しい国ではできない事だと思うのです。
それなりに豊かな国でないと、選手自身が努力しただけでは出場できないのが国際大会でしょう。
 
日本の政府や政治が成熟していると言えません。
しかし、日本の社会は成熟している。
そう誇っても良いのではないでしょうか。
オリンピックのメダルも誇らしいことですが、パラリンピックのメダルは更に誇れることだと思うんです。
 
我々の分まで、パラリンピック代表選手の皆さんには、頑張って欲しいと思います。
 
そして、なんと!
車椅子テニス国枝選手決勝進出が決定しました。
メダルが確定しました。
これは、二大会連続の金メダル!
期待してます。

Follow me!