パーフェクトな人を8人集めるより、個性がある人を48人の方が、ファンの話が弾む

こんな話をよく聞きます。
AKBって美人いないよねって。
 
AKB48を卒業した、あっちゃんが、この前の歌謡曲かな?で言ってましたよね。
秋元さんは、美人は取らないんじゃないかと。
秋元氏も、JKT48のお披露目会場で言ってましたよね。
AKBはどこか1つでもキラリと光るものがあれば入れます、って。
 
私の知る限り、美人=モテルって事ではないですよね。
どちらかと言うと、モテ無いです。
 
美人は特徴が無い。
そんな事言われますよね。
美人が沢山並んでいると思うかもしれない。
誰が誰だかわからないって。
特徴がないので、今センターが誰だかわからなくなる可能性があると言う事です。
 
クラスの女子がみんな美人なんてことはありえませんよね。
でも、クラスで誰が好きなんて話は絶対話します。
そうすると、好み別れるんです。
だから、面白い。
えーっ、まさかお前〇〇好きってか?って感じです。
盛り上がりますよ恋話。
誰か一人に殆どの好みが偏らないからいいんです。
それなりに満遍なく好みが分かれるからこそ皆でAKB48を応援できるんですよね。
 
楽しい恋話を教室から持ち出してしまったのがAKB48だと言えませんか。
いろんなタイプの少女たちが居ます。
まるで、高校のクラスの様に。
完璧でないがゆえに好みも分かれるからこそ恋話は面白いんです。
好みが一人に集中すると皆ライバルで競争相手、一緒に応援はしにくいです。
でも、好みが分かれやすいと、近くに居る人が他メン推しです。
ライバルでないので、一緒に応援もできます。
偶に同じメンバー推しだと逆に盛り上がったりします。
同士の様に感じるんですね。
あくまで、気持ちの話ですよ。
実際にはライバルなんて状態にはなり得ませんからね。
 
実は、会社のチームも同じことが言えます。
完璧な一人は要らないんですね。
みんなバラバラだから面白いアイデアが出るんです。
えっ、そんなこと考えもしなかった!ってアイデア出ます。
 
現在の会社は以前の様な軍隊式組織では成り立たなくなっていると思われます。
軍隊式組織は、決まりきった仕事をミスすること無く、早く行うのには適しています。
しかし、現在の様に、何が正しいかわからない時代には不向きです。
付加価値やアイデアで仕事を作り出さないと、単純な軍隊式の組織が似合う仕事は、労働賃金の安い他国に奪われます。
そんな仕事はくれてやって、付加価値の高い仕事を取れる様にしないと、いずれ国も国民も成り立ちません。
そのためには、組織も教育も切り替える必要性があるんです。
 
多様性に飛んだ個性が相乗効果で新しいアイデアを模索する。
そんな組織が面白いって思いますね。
 
 

Follow me!