ピンチをチャンスに変える魔法の質問とは

現実は心の持ち様でいくらでも変わる。
ピンチはチャンス!
よく聞きます。
巨万の冨を一代で築いた人は、人生のどん底から這い上がった人が多い。
 
一代で巨万の冨を築くって格好いいですよね。
 
自分がピンチの時もポジティブに考える。
これ難しいです。
頭でわかっていても、心が伴わない。
福島正伸さんの著書「メンタリング・マネジメント」にはピンチの時に自分にするべき質問が書かれています。
負の連鎖から抜け出すための質問です。
「この出来事は、何のチャンスだろう」
「この出来事は、自分に何を教えようとしているのだろう」
「この出来事から、さらに自分が成長することはできるだろうか」
 
困った、困ったと言っていても、困ったことからは抜け出せない。
必死で考える敷かない。

私など、小さな事で落ち込みます。
「なんでこんな事になったのだろう?」
心に問いかけます。
すると脳は、この問いかけで検索を始めます。
周りの情報を仕入れ、答えを見つけるために頑張ります。
 
「なんでこんな事になったのだろう?」
この質問、答えが出たとしてどうでしょう?
もう一度同じ轍を踏まない効果はあるでしょう。
でも、それだけです。
それが、些細な些細なアンラッキーだとしたら?
そんな事捨て置いて考えない方が脳の余力を残せていいのじゃないですか。
意外に些細な事でこの質問しています。
 
そんな時上の質問ならどうでしょう。
どんな些細な事でも可能性は否定できません。
どんな些細なチャンスでも見逃さない。
その為には、自分に問いかける必要があります。
 
「この出来事は、何のチャンスだろう」
「この出来事は、自分に何を教えようとしているのだろう」
「この出来事から、さらに自分が成長することはできるだろうか」
 
失敗でさえもチャンスかもって考えて行動する。
本当に自分に言い聞かせないといけない考え方です。
実践しよw
 

Follow me!