広めたい、ママーキング!ニュータウンでコワーキングスペースを!

コワーキングフォーラム関西2012に参加してきました。
私が、コワーキングスペースに触れたのは、一緒にPTA役員をやっていらっしゃる方のご紹介で、コワーキングスペース、シェアオフィスcolocoさんへお邪魔した時以来です。
そこで、起業家の皆さんとお会いしたり、お話を聞いたりした事ですっかり感化されました。
 
さらに、そのcolocoさんからの帰りに、同じ役員メンバーが言ったひと言、「colocoみたいなの、三田にも欲しい!」
その時、私の頭の中で、今まで点だった物が繋がっていいったのです。
 
コワーキングに対する可能性と以前から考えていた事が繋がったのです。
 
そう、PTA活動をやりはじめてから考えていた事。
お母さん達の優秀さと、その優秀さを活かせてない事。
日本が損している。
 
お母さん達が生き生きと仕事をできる場所。
しかも、時間に縛られないで、子供を連れて、家でもできる仕事。
 
そうだ、ニュータウンにコワーキングスペースを作ってそこでお母さん達の仕事を作ればいいんじゃない?
 
思った瞬間でした。
 
その後の展開が面白い。
神戸ITフェスティバルで話を聞き、どうやったらコワーキングスペースが作れるかを教えてもらい。
そして、コワーキングフォーラム関西2012
ママーキングに出会いました。
 
私ができないかと考えていた事を、すでに実行していらっしゃる方がいる。
ZEN coworking の山川ジャッキーさんは、ママーキングを実践していらっしゃいました。
東京都日野市にあるコワーキングスペース、ZEN coworking写真
そこでは、ママ達ができる仕事を企業から受注し、ママ達がその仕事をしているのです。
 
ママ達はキッチリしていて優秀です。
仕事をちゃんとこなしてくれるそうです。
企業は、社員で行うとコストがかさむ、常時人を配置しておく程の仕事じゃない、そんな仕事をママ達にやってもらえる。
ママ達はそれで、報酬を得る事ができる。
Win-Winですね。
 
もちろん家でできる仕事です。
コワーキングスペースでいろんな人と話をし、仕事を教えてもらったりして、お金も得る事ができる。
仲間もできて、孤独も癒える。
なんと良い事でしょう。
 
かなりの衝撃でした。
これ、これやん!
わが町三田でもできるだろうか?
 
いや、できると思います。
私が、仲間と思いを通わせた時から、まるでいく道を照らされているかのように人に出会います。
私にそっちへ行けと言わんばかりです。
 
私が逃げ出さなければ、できる!そう思うようになりました。
 
ママーキング
全国に広げて行きたいですね。
日本は子供を育て難い。
女性が生き生きと生き難い。
少しでも改善できないかなって思います。
 
仕事をするって事は、報酬だけじゃありませんね。
生きると言う事に自信を張りを与えます。
 
コワーキングスペースが、その助けになる。
そんな予感がします。

Follow me!