メルセデスベンツS560試乗 後部座席はまさにVIPやばいこんな快適な車

メルセデスベンツのSクラスはメルセデスベンツの最高クラス。

その中でもS560は最高級セダン。

4000cc V8エンジンを搭載する。

メルセデスベンツ最高級S560後部座席に試乗

今回試乗させていただく車はこちら。

S560。

最新の装備が搭載されていて、無人で車庫入れ車庫出しも可能だ。

 

後部座席から見るとこんな感じ。

私は運転席の後ろに座らせていただいた。

見えているスピードメーターもタコメーターも液晶に表示されている。

そこから横へナビまで液晶のようだ。

もちろん、この車の主役が座るのは後部座席。

室温も快適。

暖房用の吹き出し口が、前席の下に大きく見える。

この辺りにも全てイルミネーションが配置されている。

触れるところ全てヒーター

座席はもちろんメルセデスベンツ独特のスイッチで、全て調節が可能だ。

頭は、ヘッドレストがエアで伸縮して、頭を置くと気持ちいい。

座席にはヒーターとベンチレーションが搭載されている。

左側がベンチレーションのスイッチ。

夏場の座席との間で汗を掻くって事はこの車には無いわけだ。

右側はヒーターのスイッチ。

三段階調整できる。

しかも、S560は座席だけが温もるわけでは無い。

ドアの取っ手部分や、アームレストも暖かくなる。

ほぼ手が触れるところは全てヒーターが入っていて、暖かくなる。

これはもう・・寝てしまうw

座席はマッサージチェアー

座席に搭載されているのはヒーターだけでは無い。

実はこの車の後部座席はマッサージチェアとなっている。

前方の座席後ろに取り付けられた液晶ディスプレーに表示されているコマンドをリモコンで操作。

首や背中をマッサージする事ができる。

まさに、動くリザクゼーションルーム。

重責を負って忙しい毎日を送るエグゼクティブが、移動の間に疲れを取るための車だと言う事だ。

イルミネーションは64色変化

この車は、車内各所にイルミネーションが配置されている。

このイルミネーションは、運転席から変更が可能で、全64色変更が可能なのだ。

この車に女性を乗せたらうっとりするに違いない。

今回も美しい女性と同乗させていただいた。

本当に至福のひと時だった。

4MATIC搭載

S560は4MATIC搭載。

つまりAWDと言う事。

V8 4000ccが発生する野太いトルクは圧巻。

坂道を物ともせず心地いい加速を発生。

ドカンとくる加速でなく下から湧き上がるように、静かだが力強い加速。

本当に気持ちいい加速だ。

この車は本当に後ろに乗る車であるので、個人で購入する人はほとんどいないそうだ。

企業のエグゼクティブ様に社用車として購入される様だ。

メルセデスMeで試乗体験

今回は、梅田のグランフロント内にあるメルセデスMeで試乗させてもらった。

インターコンチネンタルホテルの地下には、メルセデスの試乗車がズラリと並んでいた。

本当にいい経験をさせてもらった。

私はBMWファンだが、メルセデスベンツもファンになってしまった。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です