モチベーション革命好きなことをして自由に稼ぐための解体新書

情報革命の今、次にくるAI革命に向けて多くな人が働き方の変革を訴えている。
そして、そのキーワードが「好きな事をして生きていく」だ。
モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書 は、尾原和啓さんが書いた、AI時代に向けて、いま行うべき働き方を変えるための指南書だ。
 
 

モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書 だけでない

そう、この本の題材は、「乾けない世代」をいかに働かせるかで始まる。
「乾けない世代」とは、生まれた時から必要なものが育っている世代。
あまり欲しいと思わなくても、欲しいものがあって、暇だと思えばテレビゲームやスマホのゲームがある。
暇って事を感じることもなく育つ世代。
私たちのような前世紀の人間は「乾いている世代」なので、いろんなものを欲しがる。
乾きとは欲求であって、欲求があるからお金を稼ぎたい、お金が稼ぎたいから頑張るって図式がなりたつ。
でも「乾けない世代」は必要な物がすでにあるので、欲求が少ない。
だから、お金のために働こうと思わないのだ。
ただ、あくまで「乾けない世代」のお話は最初だけ。
「乾けない世代」を働かせることから、新しい時代のお金の稼ぎ方まで、本書は書いている。
そのキーワードは、「好きなことをして生きていく」と言うことなのだ。
 

AIに取って代わられないために今から引き籠ったほうがいいかも

シンギュラリティ
AIが人間の知能を超える時期が来ようとしている。
それが破滅か福音かは着てみないとわからない。
ただ、人の働き方が大きく変わり、今の多くの人が思っている「働く」ではお金を稼ぐことができなくなるのは間違えない。
ではどうすればいいか?
キーワードは「好きなことをして生きていく」で、この時代を生き抜くために、著者は一度引き籠った方がいいかもしれないと述べている。
自分が働いたとしても疲れることなどない生きがいのような好きなこと。
そう、シンギュラリティの時代は、Lifeworkの時代だというのだ。
自分が好きでたまらない、Lifeworkを見つけるために、引き籠って考えた方がいいと言うのだ。
働くことを手放し、じっくりとLifeworkを考えて、それを精一杯やる。
そう言った一見無駄の様に見えることが、将来のお金を稼ぐことになると言うわけだ。
 

好きなことを精一杯やると人とお金が集まってくる

今までの「働く」はすべてAIに代わっていくとき、人間の手に残るのは、一見無駄だと思うこと。
自分が楽しい事を、自分が好きで好きでたまらないことを精一杯直向きにがんばったら、同じように、あなたの楽しいことを楽しいと思う人が集まってくる。
その時、あなたが提供できる事は、集まってきた人に喜んでもらえることだろう。
人に喜んでもらった事は、対価として富を運んでくる。
だから、「好きなことをして生きていく」ことが、AI革命の時代に必要になる。
すでに始まった情報革命が、個人の企業の立場を逆転させた。
同じように、遊びと仕事が、富を稼ぐことにおいて逆転しても不思議ではない。
すでに、ユーチューバーやブロガー、今迄では考えられなかった稼ぎ方で、考えられない額を稼いでいる。
人に楽しみを、価値を与える人のもとに富がやってくる時代がやってきたのだ。
 
AI時代の生き方を書いた「モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書 」
この本は、Amazon Unlimitedで読める。
これも今の時代を象徴している。
ぜひ、AI時代が来る前に読んでいただきたい一冊だ。
 

モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書

Follow me!