ライフログほど格好良くないw、おじさんだから必要、 evernoteを使った自分ログの取り方。

By Gustavo Pimenta

ライフログなんてかっこいいもんじゃないんです。
さっき考えていたことがわからなくなってしまうんです。
歳を取るのって嫌です〜w
やらないといけないと思って席を立つ。
しばらくすると、何をやらなきゃいけないかを忘れてる。
 
忘れちゃうんですね。
むちゃくちゃいい事思いついたって思うのに次の瞬間忘れてるんですよ。
こんな悲しい事はありません。
だから自分のログをさかのぼって、何をやらなきゃいけなかった、探し出したりしたいんです。
ログって、自然と取れている物ですよね、普通。
取ろうって思って取るのではなく、取れてるログを何があったのか遡るって感じでしょ。
自分がどこ行って何して、何考えたかわかるように遡れたらいいですよね。
 
ライフログに関する書籍も読ませて頂いてます。
みなさん工夫してらっしゃいますね。
本当に全てを記録できたら良いんですけど、そういう訳にはいきません。
そこまでは出来ないかもしれませんが、 evernoteとSiriを使って覚えておかなければいけないことをすぐさまエバーノートに記録するという自分ログ作ってん作ってみたわけです。
 
Siriが賢くなってるからできる様になった事。
喋った事がほとんどテキストになって行きます。
喋った事を文字にしてくれるんですね。
文字にすると検索できます。
 
あっ、確かなんかアイデアがあったような?
って、思ったときに検索してアイデアを引き出せるのは便利です。
人間と言うのは、何かをやってる最中に他のことを思いついたりすることが多いですよね。
トイレに入っているときとか、車を運転している時とか、何かをやってるときにふと思いつく。
私が思うに、頭の中には2人分の思考がある。
一人分が難題を考えているときにも、もう一人が他の事考えているような感じです。
勉強していて集中しているはずなのに、もう一人の自分は「夕食なにかな?」って、つまらない事を考えていたりしませんか?
これ、おそらく野生の時は必要だったんでしょうね。
何かに集中している時にも周りを警戒しないと襲われますよねw
だから、冷ややかに周りを見るもう一人の思考が頭の中に居るんじゃないかなって。
 
ところが、もう1人の思考が運転などに集中すると、考え込む自分が自由に考えられるわけです。だからそんな時、例えば車を運転する時にアイデアが出やすい。
私は、日々の通勤の車の中でいろんな事を考えます。
以前は音楽なんか聞いてたんですが、運転中に問題点を考えて整理すると、その日一日がスムーズに進むもので、最近は無音のなか運転しながら考え事しています。
そしたら、良いアイデアが浮かぶんですよ。
だからメモ取りたいわけですよ。
でも、運転中にメモは難しい。
音声でメモらないとしかたないです。
そんな時はやっぱ、FastEverとSiriです。
iPhoneのSiriは、音声入力エンジンとして活用できます。
音声で、知識検索するだけなんてもったいない。
Siriでアイデアをどんどんメモります。
後で、誤字などを訂正しながら分類してまとめます。
すると、思考も固定化するので、新しいアイデアの礎となります。
 
ちょっと、要望はSiriのボタン、小さいです。
もっと大きくして。
SiriのボタンもAPIでいじれるんですかね。
ちょっと見てみよ。
外部のヘッドセットなどで、Siriのボタン押したいです。

Follow me!