ワイパーデアイサー(ワイパーの氷を溶かす装置)の代わりをする超絶技

ワイパーデアイサとは、外気温が0℃を下回り、氷が張る温度になると、フロントガラスに着いた水滴や雪、霜などで、ワイパーが凍り着きます。

凍りつくと、ワイパーがフロントガラスに張り付き動かなくなったり、挙げ句の果てには、ワイパー破損してしまったりします。

これを溶かす装置がワイパーデアイサです。

デアイサの代わりになる超絶技をご紹介します。

といっても、雪国の人なら誰でも知っている、車のワイパー昨日使ったワイパーを凍らなくなくする技です。

といっても東北以外の太平洋側の人たちは、ワイパーが凍ってしまってフロントガラスにくっつくなんて事はめったに起こらないことかもしれません。

ワイパーデアイサーを全社比較!
ワイパーデアイサーは、雪が降る地域ではとても重宝する装備です。 ワイパーは、氷点下になると凍ってしまい、フロントガラスにくっ付きます。 デフォッガーをかけるとましにはなりますが、完璧に溶けるわけではありません。 特にワイパ...

ワイパーを凍らなくする小技

どんな車にも、ワイパーを1回だけ作動させるやり方があると思います。

これまで乗ってきた車で言うと、スバルはハンドルのワイパースイッチを1回引くと1回ワイパーが作動しました。

トヨタやスズキの車は、ワイパースイッチを右方向に上げるとワイパーが1回作動します。

この機能使って、中途半端にワイパーを止めるのです。

ホームポジションの少し上あたりで止めるのがコツです。

こんな感じです。

こうすると何が起こるかと言うと、デフの風がワイパーの下のガラスに当たります。

暖かい風がガラスに当たるので、ワイパーブレードが凍ってしまってフロントガラスに張り付いてしまうことを防ぎます。

こんなことを書いても暖かい地域の人たちは何のことかわかっていないと思いますが、寒い地方では毎年ワイパーブレードを破損してしまうということが起こるのです。

知らないと損する車のオプション機能まとめ
車のオプションって色々ありますよね。 小物だとか、外観だとかのオプションは、結構真剣に見るのだけど、装置のオプションを見ない人が居るようです。 とても便利なオプションもあるので、見ないのは損だと思うのです。 今回は、簡単に...

ワイパーデヤイサーとは

ワイパーデアイサー、ワイパーを凍る事がないように熱線で温めておく装置です。

スバルの車では、標準装備されている車種も多く、他のメーカーの車でも寒冷地装備とセットになってオプションになっている場合が多いです。

これって本当にありがたい装備なのですが、暖かい地域の人にはありがたみがわからないと思います。

ちなみにもう一つありがたい装備は、ヒーテッドミラーです。

バックミラーに熱戦が入っていて曇らないようにしてくれますし、雪がついて凍ってしまわないようにもしてくれます。

雨の日も曇らないので非常に重宝するそうです。

ヒーテッドミラーも寒冷地仕様とセットになってオプション販売されていることが多いそうです。

スバルフォレスターが何だか欲しくなる標準装備
スバルフォレスター SUVとしては強すぎるパワーを持ったSUVとして開発されたフォレスター。 どんどん魅力的なSUVになっていきました。 最近では、他のSUVよりもオフロード走破能力を誇れる様になりました。 特に滑り...

コメント

タイトルとURLをコピーしました