万能選手より、一点主義の方が受ける様な気がする

Windows8では、タッチパネルが表に強調されていますね。
タッチパネル自身が悪いって思っていません。
タッチパネルは便利だと思うんです。
今後、タッチパネルも採用されていきハイブリッド化していくんだと思います。
タッチパネルにも欠点があって、ラスタペンでも使わないと、細か点が指定できない。
マウスの方が誤認されにくいですしね。
 
それより、気になる点。
最近のウルトラブックなどのWindows8搭載ノートPCは、タブレットの要素とPCの要素を併せ持つって事を強調しようとしています。
私は、この点にはどうだろう?って思う訳です。
タブレットに、ハードキーボードがあったら便利です。
でも、その為に重くなっては意味が無い。
タブレットはあくまでも軽くて持ち運びができるって要素を重要視します。
重いタブレットなんて要らないんです。
タブレットとノートパソコンの両方を兼ね備えるって便利なようで不便。
タブレットはあくまでも情報の入り口としての使い方が多い。
情報の出口は、タブレットと情報がリンクしたパソコンでってのがスマートだと思うのです。
どこでも情報を検索し脳にインプットするツールであるタブレット。
そのインプット情報を加工し編集し発信するツールとしてのパソコン。
この二つが一緒になるより別々の方が使い勝手がいい。
何でもかんでも一つにしたがるMicrosoftの考え方なのか、日本企業の考え方なのか、そんな考え方は時代の的から外れている様におもえてなりません。
あっ、そうそう、日本製のAndroidスマホの様です。
ワンセグも、FeliCaも付いてて便利!
でも、重量もソフトも重いですよってのは要らないのです。
更に、追加したデバイスの為にたまに落ちますってのは言語道断です。
iPhoneなんかに更なるいろんなデバイスを盛り込もうとしたなら、Appleも終わりかなって思いますね。

Follow me!