京都すき焼きキムラで、美味しいすき焼きをいただいて来ました。

京都!
祇園祭真っ最中の京都で美味しいすき焼きをいただいて来ました。
すき焼きって、地方色があるって初めて知りました。
それは私だって、関西と関東ですき焼きが違う事は知っています。
関東は割り下を使うけど、関西は醤油と砂糖で作るって事ぐらいは知っています。
でも、京都と兵庫でかなり違う事にビックリしました。

それはさて置き、今回、関西ソーシャル人の会京都支部はんなり京都会のイベントに参加して来た訳です。
今回は、祇園祭の最中!
祇園祭を見るのも一つ目的なのですが、京都のすき焼き屋ってかなりそそるお店での飲み会も興味深いです。
何たって、すき焼き専門店ですよ。
歴史があるすき焼き専門店なんて、他の地方ではあまりありませんよね。
写真を見てもわかる通り、美味しそうなお肉をいただきました。

今回も、前回と同様に遅れてしまった私ですが、運良くはんなり会のご意見番長谷川さん土川さん森本さんと同じ席になりました。
鍋は、森本さんに作っていただき、長谷川さんが美味しく作る方法を教えてくれました。
私と土川さんは食べるって感じで、凄く美味しい鍋をいただきました。
私から見て右隣の鍋よりよほど美味しそうでしたよw

今回知った京都のすき焼きと兵庫のすき焼きの違い。
京都のすき焼きには白菜が入らないって事。
白菜って絶対入るって思っていたので衝撃でした。
私が知っているすき焼きは、白菜や野菜からでる水分で作り、出汁は入れません。
京都では白菜が野菜の主役ではなくタマネギとネギが主役としりビックリです。

エアコンがガンガンに効いた夏にすき焼きをいただくって、最高に贅沢でした。

祇園祭の最中と言う事で、お店の外ですき焼き丼が売られていました。
これも美味しそうで、食べてみたかったのですが、お腹が既にいっぱいでしたw

古いお店にも関わらず、リーズナブルなお値段のすき焼き。
京都ですき焼きって、文明開化の音を聞きながら食すのも良いですよね。
 
オススメ!近江牛すき焼き 1kg入り

Follow me!