喫煙者の採用を控える企業が増えているようです。

タバコ
非喫煙者のみを採用、個人的にはうれしいが・・・
非喫煙者のみを採用する企業が増えているとのニュースがネットに上がっていました。
非喫煙者の私にはありがたい話です。
現在の会社に入社以来、禁煙運動を繰り広げ、時代の情勢にマッチしたおかげで、社内では全面禁煙となった経緯があります。
 
喫煙している人は気づいていないかもしれないが、タバコを吸った人は臭う、タバコを吸ってきたなって事は非喫煙者にはすぐにわかるわけです。
一角を喫煙所として認めている会社では、その前を通るだけで肌がねちゃっとするのもわかりますよね。
企業としてみれば、喫煙者を雇う場合コストがかかるといえるわけです。
分煙施設を用意しないといけないかもしれないですしね。
 
特に、接客業では、お客様にくさい思いをさせるかもしれません。
私は、宅配便の運転手をなぜ禁煙にしないのかって思います。
車の中での喫煙は、屋外での喫煙以上に臭いがつくものです。
届けていただいても、宅配品を受け取る時に臭うとちょっといやな思いをします。
あと、工事の業者。
NTTの工事に来た人は、タバコの臭いがしました。
家の中での作業なので、自分の家にタバコの臭いで入られるってのは、結構いやな思いをします。
吸っている人は、自分からタバコの臭いがしているとは気づいていないのでしょうか?
 
お客様に接する人は、タバコだけでなく体臭も気にしておられると思います。
まっ、タバコだけでなく、強すぎう香水も私には困り物です。
鼻炎気味の時に香水をかぐとくしゃみが出そうになってしまいます。
 
見るって事以上に、香りは防ぎようがありません。
自分ではいい臭いと思っていても相手には耐え難い臭いって場合があると思います。
接客を要する業種が臭いに敏感になるのは当たり前ですよね。
もちろん、採用全般となると話は変わってくると思います。
人事の面から行くと、優秀な人が必要なわけで、優秀と喫煙は関係ないといえます。
 
ただ、優秀な人は禁煙も行う事が可能であるはずだって言う理屈はわからないわけではありません。
最近、東京などは喫煙場所が限られていますよね。
朝などの通勤時間帯は、屋外の喫煙所に人が溢れています。
あの光景を見ていると、禁煙ってのはなかなか大変なのだろうなって事は想像できます。
私は、生まれてからタバコを吸ったことがありません。
すわないのに越したことがありません。
やめる手間もありませんしねw。

Follow me!