富士重工業増益、もしスバルが本格ミニバンを作ったら・・・

スバルのファンな@batoです。
レガシーが好きで、買いたいと思っていたんです。
就職して何年目かな・・・
なんと、就職した会社にはスバルオーナーがたくさん居ましたw
レオーネのオーナもいたりw
 
初めて買った自動車はレガシーでした。
その頃、織田裕二主演の、あの頃の僕をさがしてって言うドラマで、織田裕二はレガシーに乗ってました。
ワインレッドマイカ!
スバル
 
同じ色のレガシーに乗ってたんです。
舞台は安曇野、相手役は仙道敦子!
ゴールデンパターンです。
スキーが好きで長野によく行っていた私は、安曇野も大好きです。
劇中で流れていた、ギルバートオサリバンを聞きながら、安曇野をドライブしたものです。
 
それはともかく!
スバルと言えば水平対抗エンジンです。
制作に手間がかかり、部品点数も多くなってしまうエンジンですが、ピストンがお互いに振動を打ち消しあう為、振動の少ないエンジンになります。
しかも、ヘッドが低い所を行き来するため、低重心で取り回ししやすいエンジンです。
そんなスバルが、本格的なミニバンを作ったら、絶対に買うでしょう。
4WDだったら、なおさら買う。
 
以前、噂があったんです。
雑誌に載ってたのかな。
トヨタでのエスティマの位置が微妙だって言う記事。
高級ミニバンなら、アルファード、ヴェルファイア、2リッターミニバンは、ノア、ヴォクシー。
エスティマの位置が今一定かではない。
次のモデルチェンジでどうなるのかって記事です。
確かにそうですね。
 
そこで、この雑誌が書いていたのが、当時資本提携したスバルとの関係です。
スバルが持つ、ボクサーエンジンをエスティマに搭載すれば、初代エスティマを思い出す天才タマゴが蘇るのでは?って事です。
ある意味、これは面白い。
 
トヨタと手を組んで86が作られました。
これと同じ様に、トヨタブランドでエスティマとして売られるミニバンを富士重工業で作るってのが面白いのではって話です。
もし、水平対抗エンジン積んだミニバンができたら絶対欲しい。
しかも、AWD!
雪国大好き人間には、これほど良いミニバンはありません。
 
ところで、スバルですが、世界的にインプレッサの売り上げが好調との事です。
今期の利益も、上方修正の増益予想です。
インプレッサもいい車です。
これで、ミニバンがラインナップに加われば、言うことなしですね。

Follow me!