引っ越しシーズンだから思い出す引っ越し料金を安くする相見積もりの取り方

2月から3月にかけては引っ越しシーズンですよね。
大学や専門学校へ行く新入生が引っ越しますし、新入社員も引っ越す人が多いでしょう。
今でも4月入学4月入社が多いですから、2月の終わりから3月にかけて引っ越しが多いわけですよね。
この時期に引っ越しするのは高くつきます。
閑散期なら安く引っ越しできても、繁盛期は何倍もかかるのが常だと思います。
でも、やっぱり安くしたい。
それなら、少しでも安くなる様に見積もりをするしかありません。

相見積もりは2回転しろ!

1f46c3ef43df32a8868d9620841a5e3a_s
引っ越し業者の選定で必修なのが相見積もり。
最低3社ぐらいに見積もりをお願いして比べないとだめですよね。
私も何回かの引っ越しで3社づつ見積もりをお願いしました。
3社見積もりすると、価格もかなり差があることがわかります。
ただ、1回目の見積もりではまだまだです。
見積もりを取ると、お伺いの電話が入ると思います。
「いかがですか?」って感じですね。
そこで、1番安い所の値段を高いところい言うと、全ての業者がその値段に合わせて来ると思います。
合わせてきたら、1番安かった業者にその事実を言うのです。
すると、1番安かった業者は少し下げて来るので、そこからもう一度考えましょう。
もう一回りすると、揃えてこない業者もあるので、その時は諦めて1番安い業者にお願いするのがいいのではないでしょうか。

ここって業者が決まったらその業者を最安値に合わせろ

3社程度見積もりを取ったら、営業マンの話し方がいいとか、内容でこの業者が良いとかが出てきますよね。
例えば梱包方法。
食器を紙で重ねていく昔ながらの業者もあれば、専用のケースのところもあると思います。
専用のスーツケースの様な食器専用ボックスを使う業者もありますよね。
金額以外の内容で、この業者って決まることもあると思います。
高い食器のコレクションを持っている場合は、食器専用コンテナがある所ってなると思います。
金額はA社が安いけど、内容はB社。
内容が譲れないので高いけどB社にしようって場合、価格を諦める必要が無いのが引っ越し業界です。
値段があってない様なものなので、しっかりと内容は良いんだけどA社が安いんですよねって訴えると、おそらくA社の値段に合わせて来るはずです。
これは、私の引っ越しした時の経験で確信が有ります。

面倒なら1回転目は一括見積もりサイトで

安く抑えるためには、努力が必要です。
手間がかかって面倒ですよね。
私も、面倒なので「まっ、もういいか」ってなりそうに何度もなりました。
何回も交渉するのは面倒。
時間も無いので、少し高くてもって人多いでしょうね。
そんな人は、まず一括見積もりサイトを使って見ても良いかもしれません。
無料引っ越し業者一括見積サイト
見積もりを一斉に変わってしてくれるみたいですね。
最終的には交渉する方が安いと思うので、一回で安くなるとは思わないのですが、無料なので簡単に少しでも楽になればって思いますよね。

Follow me!