成功者はポジティブシンキング!あなたがチャンスを見つけられないのはなぜか?

チャンスのはあらゆる所に転がっています。
いまだ、掴み取れていないので、私が言うことではないのでしょうが、成功者の言葉を紹介します。
チャンスと言うものは、どこにでも在る。
しかし、成功しない人は、道端に落ちているチャンスを見ようとせず、上ばかり見ている。
って言います。
見ている所が違う。
どこ見てるんだって感じですよね。
別の言い方をすると。
転ぶことを気にしすぎて、足元ばかり見ていると、気になっているチャンスの実を見逃す。
 
チャンスの旬を読み違えて、降る時期に下を見、生える時期に上を見る。
りんごが実る時期に、マツタケでも探すように下を見ていたのでは、りんごを発見できません。
所謂、情報不足です。
プロに旬を教えてもらったほうがいいですよね。
 
これは、多くの人にも当てはまります。
それ以前に、目を開かないで、探している人や、探さない人も居ます。
これは論外って思うかもしれませんが、成功者から見ると90%以上の人は探すことすらしていないそうです。
 

探すことをしない人々

 
まず、ここからですよね。
人は、お金が欲しいとか、成功したいって思っていたり、言っていても、チャンスを探すことすらしないんです。
探すことをしない!
なぜ探さないのでしょう?
現状に満足しているから?
あっ、仕事が忙しいからってのもありますよね。
現状が忙しすぎて、チャンスを探す余裕すらない。
先日お会いした、与沢翼さんは言ってました「まず捨ててください」って。
わがままになって捨てないと新しいものは入ってこない。
捨てると、新しい更にグレードアップした代わりの物が手に入るそうです。
恋人に振られたって、もっと良い人に出会えるそうですw
 
本当に、小さな利益のために多くの時間を無駄にしている人多いですよね。
その残業必要ですか?
残業しないで、チャンスを探しに言ったほうが多くの物を手に入れられませんか?って事のようです。
 

欲しがるだけで探さない人

 
目を閉じて物を探すがごとく、チャンスを探している人も居ます。
文句ばかり言っている人に多いのです。
ああだったら、こうだったらって言って結局口だけって人です。
宝くじが当たれば、親に遺産があれば・・・
そんなありもしない事、確率の悪いこと言ってもしかたありません。
こういう人は、現状を嘆いている自分が好きなのかも知れませんね。
 

チャンスの方向を見ないでチャンスを探す人々

 
松茸を探しに杉林に行く様な人です。
はっきり言って情報不足。
少し情報を仕入れる力をつけないとだめなんですね。
得に、今の時代、情報過多です。
多くの情報があるので、儲かるってキーワードだけで探しに行きます。
でも、杉林に松茸はありません。
それどころか、杉林は、キノコ一本生えていないでしょう。
まず行動しなさいとよく言います。
しかし、松茸を探しに杉林でいくら努力して歩き回っても成果はでないのです。
よき先輩や、ベテランに付いて山へ行き、どれが松で、どんな所に松茸が生えるのか聞くのが早道って事ですよね。
また、これと同じなんですが、時間軸のずれがある人も居ます。
 
春に松茸を探しに行く人です。
この人はひょっとしたら松林にいるのかもしれません。
松林に松茸が生えることは知ってるんです。
しかし、松茸が秋に生えることを知らない。
要するに情報不足です。
 
わかるように、一つの情報で全てがうまくいくってわけではないですよね。
松茸を取りで成果を出すには、何処に生えるのか?、何時生えるのか?最低でも知らないと、幾ら探し回っても、1本も取れません。
更に、いくつもの情報で、取れる可能性が上がっていくわけですね。
 

転ぶことを恐れて、下ばかり見ている人々

 
私もこの中の一人です。
りんごを探しに言って、ちゃんとりんごの木の下にいるのに、足元ばかり気になって上を見ない。
上を見ないとりんごを発見できません。
私も含めて、この様な人たちは、徒労状態です。
例えは、わかりやすいと思いますが、実際となると、わかりにくいと思います。
たとえば、セミナーに行って、すごい情報が語られているのに、注目が別のところに行っていて、チャンスの情報に行き当たらない。
騙されてるんじゃないのか?ってそんなところにばかり目が行っている。
少し懐疑心を緩めて見ると、新しいチャンスが目の前にあるって事も多いのです。
 
ここが、ポジティブシンキングとネガティブシンキングの違いが顕著に出るところです。
ポジティブに考えないと、チャンスの点に目がいかないのです。
情報の中で全てがチャンスではないのです。
また、話している人の話し方で、懐疑的になることもあるでしょう。
しかし、そこでネガティブになっては、チャンスを見つけ出すことはできません。
常にポジティブに考え、それがあたかも天の啓示であるかの用に身を任せると、幸運は向こうからやってくる物のようです。
 

Follow me!