日本人のためのKindle入門が解く、Kindleの利用方法

Kindle出版が熱くなってきました。
私も、Kindle購入以来100円のKindle本を何冊も購入しています。
おそらく、松宮義仁さんの「日本人のためのKindle入門」に書かれているKindle出版の利用法に気付いた人達が、いち早くKindle本を100円で出版しているからだと思われます。
中には、以前に紙の本で千数百円で売られていた本を、100円や200円で売っている人もいます。
そして、これらの本の巻頭や巻末には特典が付けられています。
この感じLPに似ているのですが、LPのうさん臭さがない。
電子書籍であっても、書籍になっていることで、本としての認識が高いからでしょう。
千数百円の本の巻末の特典は、誰しもアクセスしたくなるもの。
LPからのリスト取りに比べて遥かにアクセス率が高くなる様に思われます。

 

Kindle出版はネットビジネスだ

Kindle本は、書店で売るのとは訳が違います。
書店は、出版社の力関係が売れ行きを左右します。
書店に平積みされている本は売れます。
大々的にプロモーション費用をかけることの出来る大手出版社は、書店のいい場所でプロモーションをかけることができる。
そのため、初動の売れ行きが違ってきます。
ところが、Kindle本はプロモーションが違ってきます。
Kindle本もお金をかけたプロモーションをする事は出来ますが、従来の様にはいきません。
ネットで物を売る様に、いかに検索の上位に入るか、ランキングの上位に入るかが重要となるのです。
Kindleで、ランキングの上位にするためには、リアルな繋がりを駆使する事で可能だと松宮さんは言っています。
 

お金も稼いでリストも集まる驚くべき方法

Kindle本ビジネスは、書籍を売るビジネスではありません。
いくらなんでも100円で印税収入はしれています。
Kindle本の自己出版の印税は30%と言われています。
一冊売れて30円。
10万部売れて300万円です。
Kindle本でヒットと言われる売り上げ数は1万部程度なので30万程度の収入と言う事になります。
これも、1万部売れた場合で、素人が出版しても1000部売れれば良い方でしょう。
 
Kindle本の使い方は、リスト取りにある
今、ネットでリストを取るには1リスト300円から700円ぐらいでしょうか。
お金を払ってリストを取っているのです。
ところがKindle本は100円であったとしても、実際にお金を払ってくれた人のリストです。
お金を稼いでリストも手に入る。
この凄さは、ネットビジネスをしている人にとっては凄い事です。
 
 

Kindleをリアルにつなげろ

ソーシャル人である松宮さんならではのKindle本利用術は、Kindle出版をリアルにつなげること。
Kindle本を宣伝媒体として、ネットでの知名度を更に上げていく。
Kindle本を前面に押し出して、ソーシャルメディアで拡散していく事を提唱しておられます。
実用書のKindle本を出版し、その中に本と同じ内容のセミナーや勉強会、懇親会などの案内を入れる。
なんら違和感のない事です。
本の著者に会える。
そんな経験をするとソーシャルにいる人は書かない訳がない。
セミナーや勉強会に来てくれた人が更に知名度を上げてくれるわけです。
現在は、ネットでの知名度、拡散力があるかどうかでビジネスが出来る時代です。
幾ばくかのお金を手に入れて、しかも知名度も上げる事ができるって凄い事です。
 

感想

さすが松宮さん目の付け所がいいですね。
いかにセルフブランディングしていくか。
新しく出てきたメディアを如何に利用していくか。
このあたりのアイデアが凄いです。
さらに、どの様にしてKindle本を書いていくかも言及している。
 
時代は移り変わります。
既存のメディアはすぐに色あせる時代。
素早く新しいメディアの特徴を捕まえて、利用法を考え出す力。
松宮さんの凄さが伝わる一冊となっています。
 

Follow me!