桑の葉にある1-デオキシノジリマイシンはα-グルコシダーゼ阻害剤

血糖値の上昇を抑える成分としてα-グルコシダーゼ阻害剤である1-デオキシノジリマイシンが注目を集めています。

1-デオキシノジリマイシンは、桑の葉の中にある成分なのです。

桑の葉エキス

桑の葉にもα-グルコシダーゼ阻害剤

桑の葉の成分ある1-デオキシノジリマイシンにα-グルコシダーゼ阻害剤あることがわかっています。

α-グルコシダーゼは、以前から当ブログで取り上げている様に、麦芽糖をブドウ糖に分解する酵素です。

ブドウ糖に分解することで、糖分を血液中に吸収できます。

血糖値を上昇させる働きがあるα-グルコシダーゼの働きを阻害するのが1-デオキシノジリマイシンと言うことなのです。

食事前に1-デオキシノジリマイシンを摂取すれば、α-グルコシダーゼ阻害剤の働きを阻害して、糖の吸収を抑制するため、血糖値の上昇を抑える働きがあるとの事なのです。

桑は古くから生薬に使用されてきました。

血糖値降下作用だけでなく、血圧降下や解熱、咳を沈めるなどの多大な効果があります。

そのため、漢方薬の五虎湯や清肺湯などに配合されています。

 

桑の葉エキス

 

桑の葉は様々なサプリにも配合されている

最近では、桑の葉の成分は、多くのサプリにも配合されています。

サプリを飲むことで、血糖値の上昇を抑えることが目的です。

血糖値を上昇させない働きが、ダイエットにも効果が期待できます。

その為、多くのサプリにも配合されているわけです。

 

桑の葉の成分をお茶でいただく

桑の成分を摂取したいのであれば、以前からお茶にしていただく事がメジャーだ。

現在では、ドラックストアなどで桑の葉茶を飲むことができる。

 

Follow me!