神戸の明石焼き店たちばなで昼PL

明石焼きのたちばなは、神戸に数店舗ある明石焼きのお店です。

ただ、たちばなでは明石焼きとも、玉子焼きとも言わず、たこ焼きと呼んでいます。

明石焼き

明石焼きと言われていますが、明石出身の私などは、たちばなさんと同じで、たこ焼きとは出汁で食べるものだと思ってました。

物心つくまで。

本当に低炭水化物な明石焼き

明石焼き、たちばなではたこ焼きですが、ここではわかりやすく明石焼きと呼んで起きます。

大阪のたこ焼きと違い、とても低炭水化物な食べ物です。

明石焼きには、繋ぎに小麦粉を使っているとは思いますが、ほとんど卵で出来ています。

だから、ほとんど炭水化物が入っていません。

お出汁もあっさりしていて、カツオ節風味です。

みりんは入っていそうなので、糖質は入っていると思います。

でも、全部飲むわけじゃありませんしね。

明石焼きは、たまごがたっぷり入っています。

その卵と出汁が絡まってとても美味しい。

中からタコが出てきますが、タコの風味さえ伝わっていれば、タコ要らないかな?

って感じになってしまいます。

お父さん生まれ故郷の明石を思う

明石生まれの私は、たこ焼きと言えばお出汁で食べるものだと思っていました。

ソースで食べるたこ焼きは、夜店のたこ焼きだと思ってたんです。

お祭りの夜店でした食べたことが無かったからです。

今でも明石焼きは大好き。

自分でも作りたいのですが、明石焼きの鉄板は、銅製で少し値が張ります。

なので手に入れることができていません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です