菊芋に含まれるイヌリンが糖質制限時の栄養補給やダイエットに効果あり

菊芋

菊芋にはイヌリンが豊富に含まれています。

菊芋に含まれているというイヌリンご存知ですか?

イヌリンはお腹の天然のお掃除屋さん!

イヌリンとは植物によって作られるダイエット効果の高い多糖類の一種。

イヌリンの効果と言われているのが、脂肪の蓄積を抑える、血糖値の正常化、便秘の改善。

便秘訴求

菊芋はすごい!

食物繊維がゴボウの3倍!

ゴボウって食物繊維が多いイメージですよね。
そのゴボウの3倍の食物繊維ってすごいと思いませんか?

イヌリンは、人間が持つ酵素では分解が不可能。
だから、消化吸収が不能です。
だから、ブドウ糖が作られません。
ブドウ糖に分解されないので、血糖値も上がらず肝臓への負担が軽いとされています。
それだけではなく、膵臓からのインシュリンの分泌量を低下させる働きもあり、膵臓の負担が軽くなるといわれています。
これらの作用により、血糖値の上昇を抑えることができるというわけです。

炭水化物は、2つに分かれるのをご存知ですか?

糖質オフでダイエットしたり、糖尿病の食事療法を考えるとき、食べ物に含まれている炭水化物の量を見ますよね。
でも、炭水化物には、糖尿病の原因であり、太る原因である糖質と、腸内フローラを整えるのに必要な食物繊維に分かれます。

菊芋は、芋と書かれていますが、イモ類ではありません。
イモ類ではなく、キク科の球根である菊芋。
だから、デンプンが少なく、糖質が少ないのです。
含まれているのはイヌリンです。
イヌリンは食物繊維なので、食べても太らないし、糖尿病を悪化させません。

イヌリンが注目される訳、低インスリンダイエットと糖尿病予防


金の菊芋イヌリン

太る原因も血糖値が上昇するからです。
血糖値が上昇すると、ホルモンの一種であるインシュリンの分泌が増え、肝臓の中で中性脂肪がどんどん作られて、血液の中に出てきます。
中性脂肪は皮下脂肪や内臓脂肪に蓄えられ、代謝されにくく、太りやすくなる性質があります。
イヌリンには低インシュリン効果があり、血糖値の上昇を緩やかにします。
過剰なインシュリンの分泌が抑えられ、一気にインスリンが分泌されることを防ぎます。
体内に脂肪が蓄積されるのを防ぐと共に代謝を促し、太りにくくなる効果があるのです。

イヌリンは腸内まで来て初めて分解されます。
何になるかというと、フラクトオリゴ糖となります。
フラクトオリゴ糖は、善玉菌のエサとなるため、腸内環境の改善、便秘予防の効果もあると言われています。

イヌリンは水溶性食物繊維です

腸内で便や老廃物が腸内に留まる時間を短くし、排泄を促し、腸の運動を活発にします。
しかも、特保でおなじみの食物繊維は、肥満の原因になる栄養素が腸から吸収されるのを防ぐ効果もあります。

菊芋ってどこで売っているの?

売っている場所がわからない菊芋です。

意外と調理も面倒。

そこで、おすすめしたいのが金の菊芋。

便秘訴求

菊芋サプリの中でも金の菊芋は違います。

内科医監修
混ぜ物なし
国産菊芋
熊本産
残留農薬検査済
重金属検査済

なぜ、金の菊芋は糖質を気にしなくていいのか?
それは、つなぎを使っていないからです。
つなぎには普通小麦粉が使われています。

小麦粉はデンプンであり、糖質です。
食べると血糖値が一気に上がってしまいます。

良質な食物繊維を採れば、糖の球種を緩やかにします。

腸内フローラの栄養源となるため、お通じも改善が期待されます。

>>金の菊芋公式サイト<<

タイトルとURLをコピーしました