街中で、一人で呟く人が増えるかも!期待が高まるGoogleGlass

目の前に様々なインフォメーションが浮かぶ。
そんな未来を夢見た事はありませんか?
「OK glass」がそんな世界を実現してくれるかもしれません。
OK glassで広がる世界って動画がその未来の生活を見せてくれます。
 
[embedplusvideo height=”281″ width=”450″ standard=”https://www.youtube.com/v/S80mE3kQTJ0?fs=1″ vars=”ytid=S80mE3kQTJ0&width=450&height=281&start=&stop=&rs=w&hd=0&autoplay=0&react=1&chapters=&notes=” id=”ep3338″ /]  
そう、街中でブツブツと喋って、端末に命令する人がいる世界。
ちょっと、滑稽かもしれません。
でも、便利ですよね。
例えば、カメラで瞬時にスキャンして、その情報を辞書アプリ等で検索できれば、紙の本を読んでいながら電子書籍の様にわからない言葉を調べる事ができます。
会話中に、相手の話をモニターし、その中の言葉を辞書で検索していく。
会話の途中で知らない単語が出てきても、知っているふりをする必要はありません。
glassが検索してくれます。
 
翻訳アプリが起動していて、会話の内容を翻訳して、受け答えの例を出してくれる。
英語を英語で返す方が、日本語に翻訳するより制度が高いでしょう。
和訳を表示した上で、それに対する受け答えの例を幾つか出すって事も可能。
相手がgoogleglassを付けていれば、お互い違う言語での会話も可能でしょう。
 
かなり面白そうな時代です。
 
果たしてGoogleGlassはどれぐらいの連続運転が可能なのでしょうか?
本体が小さいだけに、そんなに長く使えないのでは?って思ってしまいます。
まっ、配線を引っ張って、腰にバッテリーはありですが・・・
 
私は、常々考えているのですが、人間をバッテリーにする方法は無いのでしょうか?
人間は凄いエネルギーを持っています。
もちろん、生体エネルギーなんてものではなく、熱エネルギーです。
熱を電気に変える素子ペルチェの反対の素子ってできないでしょうか?
もしあれば、体に張っておくだけで電気を発電してくれる。
考えてみれば、熱から電気を作る事ができれば、人の体に張らなくても無限に電気が取り出せますねw
タービンなんて使わなくても、熱→電気はできないのかな?
 

Follow me!