書評を書く時に非常に便利!音声認識の使い方

みなさん読書していますか?
ビジネス速読インストラクターの大和です。
私、実は苦手な事があります。
それは、字を書く事です。
ペンをギュッて持ってしまう所がありまして、すぐに肩が凝ってしまいます。
 
読書と記録
 
ビジネス速読では、最終的にシンプルマップに本の内容を落としていく訳ですが、書くのがしんどい。
シンプルマップは、記載する量も少ないのですが、それでも疲れてしまいます。
 
ビジネス速読で、20分ほどでビジネス書を読むのに、その後が焦ってしまいます。
それに、後々読もうとすると、自分の字なのに読めない(汗
これ最悪ですね。
 
そこで、考えたのが、以前にもご紹介したiPhoneの音声入力を使って記録していく方法です。
ビジネス速読で読んだ本の内容を、evernoteに記録していきます。
evernoteに記録した内容を何回も読み返して自分の物にしていく訳です。
iPhoneに記録してあれば、何時でも読み返す事がかのうです。
何処でも、iPhoneは持ち歩いていますからね。
 
最近の、iPhoneの音声入力の認識度は合格レベルです。
結構、込み入った文章も間違える事なく入力してくれますよ。
 
この方法がいい所は、本を手に持ちながら読めるって所です。
鉛筆で書こうとすると、片手で本を押さえながら、片手でペンを握って書く事になりますよね。
これが結構大変なんですよね。
押さえている本が急に元に戻ってしまったりするんですよね。
なんだか煩わしい事になってしまいます。
 
iPhoneの音声入力ボタンを押して、本の内容を読み上げるだけです。
書くよりも速く記録していく事が可能です。
 

Follow me!