車買取 動かない!!動かなくなった車、廃車寸前の車、事故車も売れるって知らなかった件

動かない車の場合、下取りに出せない。
そう思ってしまいますよね。
でも、動かない車でも買取してくれる業者がある様です。

事故を起こした車や動かない車、廃車を買取してくれる業者です。

車買取 動かない!!動かなくなった車、廃車寸前の車、事故車も売れるって知らなかった件

私も、最近通勤用の車の調子が悪くなりました。

壊れて動かなくなったら売る事もできない。

 

逆に引き取ってもらうのにお金がいるなぁって落胆していました。

でも、調べてみると、そんな車でも買い取ってくれる業者がある様です。

もしディーラなら、事故をした車や動かないの下取り査定は0円となってしまうでしょう。

もちろん、全ての車が同じよう下取り査定額0円とは言いません。

 

以前、私も通勤用の軽自動車を手放す時、10年落ちだし、10万キロ走ってるしと思って、勝手に査定額は0円だと思い込んでいました。

ところが、ヴォクシーを買った車のディーラーから電話をいただきました。

私の車を5万円で購入したいと言う話です。

廃車にするのにお金が必要だと思っていた私には、5万円でも凄く嬉しかった事を覚えています。

 

特殊な車で、登録車数が少なければ、少しぐらい故障をしていても売れます。

需要があるから、少しぐらい修理費を払っても、買いたい人が居るわけです。

それに、実は車としての価値が無くなっても部品としての価値が残っています。

動かなくなった車であっても、その車から部品を取る事ができます。

古い車が好きな人は大勢います。

少しぐらい高くついても修理して乗りたい人もたくさんいます。

だから修理しようと言うとき、部品が無いって事も良くあることです。

どうしても修理したい車がある。

でも、部品が無い。

もし部品が見つかったら、中古でも高値で買いますよね。

そうなんです、意外に修理用部品の需要は高いので、修理部品を扱っている会社からすると、宝の山なんです。

それに、日本の車は全世界で走っています。

特に、丈夫な日本車は20年近く経過しても現役で走っている車は世界中にたくさんあります。

メーカーも、保守部品は大量に抱えています。

しかし、そこまで部品を抱えておくコストは莫大です。

だから、中古の部品でも海外の車には飛ぶように売れるわけです。

悔しい!売れると知っていれば売っていたのに!

 

事故をして、車が全損状態に。

保険をかけていれば、保険が適用されますよね。

でも、保険って使うと翌年から掛け金が上がってしまいます。

もちろん、車種や年式、保険で支払われる金額にも寄りますが、事故車の買取専門店に売りに出した方がトータルでお得では?って思った事があります。

それは、事故車買取の<タウ>の買取事例を見たとき。

車両保険って高いですからね。

事故車でも売れるなら、事故した時に売った方が得なのでは?って思ってしまいますよね。

実際に事故をせずに、保険を使わないまま下取りに出した車も何台かありますからね。

 

廃車寸前の動かない車、事故車でも買い取ってくれる買取業者をご紹介

 

事故車買取のタウ

ラジオのCMなどでも聞いたことが有るかもしれません。
タウは事故車の買取では業界でも最大手の買取専門業者です。

先ほども言った様に、タウのホームページでは、買い取り実績が紹介されています。
その中には、「えっ、これだけ事故しているのに、この買取額?」なんて車も含まれています。
タウの年間買取実績は8万5千台
8万5千台の買取実績は伊達ではありませんね。
事故車買取の<タウ>

廃車本舗

創業17年の実績がある廃車本舗です。
もちろん、手数料も無料で高価買取してくれます。
面倒な手続きは、廃車本舗が代行してくれます。
廃車買取査定

ハイシャル車買取専門店

どんな車でも「0」円以上で買取保証してくれているのがハイシャル。
もちろん、各種手数料は無料です。
引き取り費用も無料で、引き取りに来てくれます。
ハイシャル – 車買取専門店

カーネクスト

事故・故障・水没・不動・廃車予定でも0円以上買取保証してくれるのがカーネクスト。
顧客満足度95%を誇るのがカーネクストです。
各種手数料や引き取り費用は無料です。

カーネクスト

 

高値で売るために注意したい事

やっぱり、なんでも売り買いする時の基本ですが、1社だけ聞いて、その場で決めてしまうのは損をします。

買うときでも同じですが、相見積もりを取る事が重要です。

特に、廃車を売る経験なんて私たちにそうそうあるはずもありません。

一方、買取に来る営業マンはプロです。

少しでも安く買えば儲けが増えるわけです。

だから、即決しない事が重要です。

そして、相見積もりを取る。

ご説明したように、廃車寸前のおんぼろ車を買ってくれる業者はたくさんあります。

一社だけではないわけです。

廃車寸前の車なんて価値は0円!って思いこんでいると、売れるって思った瞬間に売ってしまいがち。

だって、廃車費用を払わないといけなかったのに、お金になるんだもんとなってしまうわけです。

それに、中古市場の買い付けは、本当に一期一会。

今買わないと次買えるかわからない。

そんな勢いで、素人の私たちに契約を迫ってくる営業マン。

そんな誘いを断るのは難しい事です。

しかし、そこは、意を決して、即決せず、他の業者にも見積もりを依頼してみましょう。

私が言われたことがあるセリフは、「中古市場は価格が動いているので、次は同じ金額を出せるかわかりません。」というもの。

かなり詰め寄ってくる営業マンもいます。

そんな時は、正直に他社にも見積もりを依頼していますと申し出ましょう。

その見積もり時間が近づいていると言えば、とりあえず引き上げると思います。

2社目の営業マンには、1社目の見積もりを言って、高い方に売る事を伝えることが必要です。

もちろん、2社目は思ったより金額が出ない事もあります。

そんな時は、1社目が頑張ってくれたんだと思って売ったとしても、気持ちは楽になりますよね。

さらに3社目と見積もりをお願いすることも、もちろんOKです。

相見積もりは3社は取らないとって良く言います。

多くとる事ができれば、見積額が上がる事が多いので取れるだけ取る方がいいでしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です