電費性能って知ってます?本田のEV、フィットEVが日本最高の電費性能を達成したらしい。

車は実用主義@batoです。
田舎に住んでいる私は、通勤にも自動車を使用しています。
通勤に使っている車は軽自動車です。
燃費は1リッター19㌔程度です。
 
通勤も往復で50kmぐらいなので、夜充電しておいて通勤って事が可能ですね。
じゃ、EVって価格じゃ無い所がネックです。
 
国からの補助金が最高78万円下りるとの事です。
それでも、300万オーバーです。
燃費が結構いい軽自動車が100万~130万ぐらいです。
 
差額が200万超えると、燃料費が電気代になるといってもペイできるものではありません。
とりあえず、値段が下がってくれば通勤車にうってつけですがね。
 
ただ、電池の価格さえ下がれば、エンジン車より作りやすく、コスト的には安いそうです。
レシプロエンジンは、ノウハウが多くて低価格で作るのは難しいそうです。
所が、モーターは簡単に作れる。
しかも、更にノウハウの要るトランスミッションが要らない。
など、発展途上国でも作りやすいと言うことです。
 
問題は実は既得権益と規制だそうです。
自動車と言うものは、自動車メーカーだけでなく、
修理工場、ガソリンスタンドなどなど、
自動車で仕事をしている人が沢山いるわけですね。
だから、規制が掛かっているとのことです。
 
EVを推進している割には、充電スタンドを作ろうとすると規制がかかるのだとか。
有料で充電スタンドを作れるのであれば、駐車場があるコンビニ、スーパー、などに設置できますよね。
設備投資の回収が可能であれば、設置したいと考える業態は山とあるはず。
すると、現在1回の充電での走行距離が短いEVでも、行った先で充電しつつ走行可能なわけです。
 
食事に入ったレストランで、食事中に充電。
買い物に行ったスーパーで充電ってすれば遠くまでいけますよね。
 
現在、充電スタンドを作ろうとすると、有料はだめ。
無料充電スタンドしか作れないのだとか。
それでは、充電スタンドが増えない→EV増えない→EVが安くならない
と言う悪循環に陥る。
 
お金を稼ぐことは決して悪いことではないです。
自分の利益を守るため、規制をするって言うほうがどうかと思います。
お金を稼がせてあげればいろんな事が自ら発展していくと思います。
 
さて、期待のホンダのEV。
フィットEVです。
1回の充電で225kmの走行が可能。
急速充電器での充電では20分。
200Vの充電で6時間かかるそうです。
あれ、200Vって家庭で充電する時は、家の設備は増設必要なんだろうか?
エアコンやIH調理器などで使用される200V配線が必要ってことでしょうかね。
と言うことは、さらなる出費が必要?

Follow me!