高級スーパーikari(いかり)の値段って高いのと思ったので調べてみた

私のブログの師匠でもあるプロブロガー立花岳志さんが、Facebookで鎌倉のサンマの値段についての投稿をしていたのです。
鎌倉も富裕層の多い地域。
高級なスーパーもあるんだろうなって思ったときふと知識が繋がりました。
高級なスーパーと言えば、関西ではikari(いかり)スーパーではないかと。
芦屋を中心に阪急沿線に出店する高級スーパーです。
ここの紙袋(レジ袋がペーパーバックです)を持つことが一種のステータスになっていたんです。
じゃ、ikari(いかり)スーパーのサンマって高いの?って思って見に行ってきました。
今回は残念ながあペーパーバックではありません。
ikari(いかり)VS阪急oasis

ikari(いかり)と阪急oasisとイオンを比べた結果

ikari(いかり)と阪急oasisとイオンを比べてみました。
比べたのはサンマです。
行った時間も遅かったので、同じように比べることができているとは思えません。
大体の傾向を見るだけと思ってください。
ikari(いかり)はサンマの開き1匹250円程度です。
阪急oasisは特売していてサンマの開き1匹89円でした。
イオンでは生サンマが1匹125円で売られていました。
こう見ると、ikari(いかり)は高いと言えます。
とっても、それほどの高さでは無かったですね。
生鮮食料品以外の商品は、安売りされている物もあります。
決して高いと言うわけではありません。
とっても、高級な商品が置いてあるのも事実です。
 

ikari(いかり)スーパーはペーパーバックに入れてもらえる

ikari(いかり)で買い物をするというのは、ちょっとしたステイタスです。
富裕層の多い地域にのみ店舗があるikari(いかり)。
芦屋や西宮の阪急沿線に店舗があります。
大阪にもありますが、箕面などの高級住宅地です。
富裕層にあるスーパーだからか、ikari(いかり)のペーパーバックを持っているのは一種のステータスになっています。
ikari(いかり)では、ある程度の量買い物をするとペーパーバックに入れてくれます。
このペーパーバックを持っているのがステータスだったわけです。
バブルの時ほどでないと思いますが、今でもikari(いかり)はペーパーバックです。
 

ikari(いかり)の従業員さんは学生アルバイトではない

最近のスーパーでは、ビニール袋に入れてくれません。
コンビニでは入れてくれるのにスーパーでは入れてくれない。
袋を持参して、自分で袋に詰めて帰るのが一般的でしょう。
しかし、昔はセルフでなく、係員の人が袋に詰めてくれていました。
ikari(いかり)では、今でも係員が袋詰めをしてくれます。
しかも、学生アルバイトと思しき人は居ません。
社員だろうと思える店員さんが居て、丁寧に対応してくれます。
コンシェルジュ的な店員さんも居て、丁寧です。
この辺りのサービスが、富裕層に支持されているのでしょう。
 

阪急oasisも比較的高級なスーパー

ikari(いかり)VS阪急oasis
阪急oasisも、イオンや他のスーパーに比べると高級スーパーと言えます。
もともと、阪急沿線が富裕層が多い地域なので、おのずと阪急のスーパーも富裕層向けとなります。
今回のサンマは特売していましたが、通常イオンより少し高いイメージです。
その分、品ぞろえが豊富です。
ここにしかない物もあったりします。
店内も落ち着いた雰囲気です。
私が調査に行ったのは、三田市のニュータウンウッディタウンの中にある阪急oasisです。
最近は、近くにマルハチ、マンダイなどのスーパーができて、イオンを含め競争が激化しています。
 

Follow me!