1日にブログ記事を7記事更新するチャレンジネットイベントは面白い

ブログ7本更新チャレンジ 参加者に参加し、7本更新た。
SNSを使ったイベントであっても、仲間が一緒に頑張ってるって感じるものだ。
一人では頑張れないことも、みんなでやると頑張れる。
SNSでそれができるのなら凄いことだと思う。
 

人間が距離を超える道具を手に入れた

場所の制約を受けない。
人から距離の制約を取り外す。
それがインターネットの最大の力だと私は思っている。
人間て何だろう?
私は、思考だと考えている。
肉体が距離の制約を外すのはもう少し先だと思う。
フルダイブ環境でも整わない限り難しいだろう。
しかし、思考はすでに距離を飛び越えることができる。
ネットで繋がると距離を飛び越えて、北海道だろうが沖縄だろうがリアルタイムでつながれるのだ。
ネットでお祭りをやれば、日本中どこからでもアクセスできる。
東京に居なくても、大阪に出向かなくても、祭りに参加できるのだ。
私は、この事実にワクワクするのだ。
 

プロブロガー立花岳志さんが企画1日で7記事更新するチャレンジ

今回、プロブロガーの立花岳志さんが主宰するB塾で1日に7記事ブログを更新するチャレンジを決行することになった。
Facebookでその告知を見ると、チャレンジをする人が続出。
まさに祭りとなったのだ。
7記事書くと宣言してチャレンジする。
 
ブログ7本更新チャレンジ 参加者グループに参加したメンバーは55人。
ブログの記事更新を7記事更新できればそれに越したことはない。
しかし、更新できなくてもいい。
だって、お祭りだから。
お祭りって、参加することに意義がある。
 
ネットでのお祭りは、距離を超えて参加可能だ。
その事実にワクワクするのは私だけだろうか?
 
 
 
 
 

Follow me!