ナインアワーズ 9h 噂のカプセルホテルは宇宙船の中の様

ナインアワーズは非常に未来的なカプセルホテルです。

今回東京へ行くのに合わせて宿泊してみました。

ファーストキャビン愛宕山新しいタイプの簡易宿泊所に泊まってみた

ナインアワーズ 9h 噂のカプセルホテルに泊まって見たその過ごしやすさは?

ナインアワーズ 9h 竹橋に泊まってきました。

関西人の私は竹橋を知りませんでした。

皇居に非常に近い場所で、東京駅からも東京メトロで一駅の場所です。

ただ、今回の東京はメイン会場が両国。

JR総武線が便利。

一回東京へ回って地下鉄ってのもなんだかなって思ったので、

御茶ノ水から徒歩で行きました。

御茶ノ水と皇居の間もいい感じの気が流れています。

皇居周辺はいい感じですね。

夜に9hの看板が見えます。

玄関では、話し込む若者が居ました。

フロントではiPadを使ってのチェックイン。

カードキーをいただいて部屋に向かいます。

エレベーターから、男性用女性用と別れて居ます。

女性の方が高層階になっているのはどこも同じ様です。

フロント近くには、共用スペースというか、ロビーというか、パソコンを使えるスペースがあります。

ただ、何か作業をしようとするとここだけしかありませんでした。

この日も宿題を持ち帰ったので、やるところがなかったですね。

この辺り、ビジネス街でカフェも早く閉まるようです。

特に、東京のオフィス街の日曜に空いているお店の無いことったらw

他の都市より開いてないですね。

中は、中央が吹き抜けになっていてい、全てが見えます。

明るくて、カプセルホテルの閉塞感はありません。

個人のロッカーはカードキーの2次元バーコードをかざすと開きます。

写真の青白く光っているところがバーコードリーダーです。

ロッカーは小さなカバンなら収容可能です。

機内持ち込み可能なサイズなら収容できそうです。

ナインアワーズのシャワーは非常に立派です。

頭部からのシャワーはワイドで暖を取れます。

シャワーだと体が冷えた時に寒い思いをすることもありますよね。

ナインアワーズのシャワーはワイドで湯量も十分。

温まることができます。

これがワイドな頭部のシャワー

もちろん、ハンドシャワーもワイドで使いやすくできています。

ナインアワーズのカプセルは、非常に未来的。

上と下が互い違いに配置されていて、最小限の部材で強度を保てる用になっている様子です。

本当にシンプルなカプセルです。

テレビも、時計もありません。

テレビや時計が必要かは人それぞれでしょうね。

ACコンセントとUSB電源が設置されています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です