新快速にAシート(有料シート)導入!JR西日本に在来線グリーン車復活!?

JR西日本が、関西各都市を結ぶ基幹電車として東海道本線線-山陽本線運用してる新快速。

主要駅のみの停車で、三ノ宮ー大阪間を21分で結んでいます。

昔はもっと速くて、19分で三ノ宮ー大阪間を走っていたのです。

芦屋に停車し、尼崎に停車するようになって、少し時間がかかるようにならましたね、

快速との差が縮まってます。

ただ、圧倒的に速い新快速。

大都市間を移動する人達で何時も満員状態です。

普通車両と違い、進行方向に向くシートを採用しているので、乗れる定員が少ないのも理由かもしれません。

座ることが困難な新快速。

確実に座ることが出来るサービスが開始されます。

それがAシート。

JR東日本には、在来線にもグリーン車があります。

JR西日本にはグリーン車が無くなってかなりの時間がたちました。

今、グリーン車に変わるサービスが開始されるわけです。

体調が優れなかったり、お年寄りや妊婦さん、確実に座りたい需要があると見込んでの採用でしょう。

Aシートの概要は次の通り。

1 有料座席の概要
12両編成の新快速の1両(9号車)に快適性を高めた有料座席を設けます。

・ リクライニング機能、テーブルつき座席の設置
・ 内装の工夫による、落ち着きのある空間の提供
・ 全席にコンセントを設置(当社在来線普通車初)
・ 無料Wi-Fiサービスを提供
・ 荷物スペースを設置

[着席定員 46名]

となっています。

代金は500円です。

2019年春から導入されるよていです。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です