アイデアは、今までの考えを手放す事で浮かんで来ます!:全脳思考

アイデアが浮かんでくる試行法

aidea-ukabu

アイデアは、手放す事で浮かんでくる

アイデアが、トイレの中でうかぶ人っているそうです。
寝ている時にうかんで、枕元のノートに書き付けるって人もいます。
私は、アイデアは、詰め込んで詰め込んだ知識が、ある日突然吹き出す様に出てくるものだと思っています。
でも、実は少し違ったのかもしれません。

一流の人たちは、誰もが例外なく、この「手放す」という感覚を味わっている。
さらには「手放す」ことを、常に思考のプロセスの中に組み込んでる人もいる。

神田昌典さんの著書、全脳思考には上記の様に書いてあります。
詰め込んだり、考えた事を一度捨てる事でアイデアがうかんでくる。
捨てるって言うか、寝かすって感じでしょうか。
私の場合も、溢れる前の沈黙って感じがあります。
あれが、捨てるって事でしょうか。
貯めた情報を反芻するようにアイデアを考えますが、いちど貯め込んだ情報の意識かでの反芻をやめ、自分の脳に全権を与える。
こう理解してもいいのかなって思います。

リラックスしたときにアイディアが浮かんでくる事は、よく知られた現象であろう。
しかし問題解決のために、思考プロセスのどの段階で、どのように手放せばいいのかについての、信頼に対するガイドラインはなかった。

このガイドラインの様なものが、U理論だと神田さんは言っています。
現実の認識を掘り下げれば掘り下げる程、力強い行動となって、思考は現実しやすくなるって事だそうです。
このU理論は、シャーマー氏の著書「THEORY U」に書かれているとの事です。
 

Follow me!