ANAやJALなどの航空機に優先搭乗したいと思った

ANAとJAL双方に優先搭乗のシステムがあります。
子供やお年寄り、体の不自由なかたや妊婦など、係員の補助が必要な人以外にも、プレミアム会員は優先搭乗できるシステムです。
 

ANAに久しぶりに乗って思った

東京に行く機会があり、久しぶりにANAに乗りました。
JALは何回か乗っているのですが、ANAは久しぶりでした。
実は、ANAに乗るのとJALに乗るのには大きな違いがあります。
それは、クラスJの存在です。
クラスJは1000円支払うことで、少し広めの座席に座ることができます。
さらに、シートが前列になるため、降りるのも早くなります。
1列に座る人の数が少ないため、手荷物の収納エリアも広くて、遅く入っても苦労しません。
私は空いていればクラスJを利用しています。
1000円で買うならお得だと思います。
ところがANAはこういったクラスは、かなり高いプレミアムクラスしかないので、どうしても早く乗らないと手荷物が離れてしまったりする事があるわけです。
事実、今回も手荷物が少し離れて、降りるのに一苦労しました。
だから、ANAに乗るなら優先搭乗の権利が欲しいと思ったわけです。
 

ANAとJALの優先登場システム

優先搭乗ができるのは、事前搭乗を申し込んだ体の不自由な方や、幼い子供を連れた方、妊婦さん、老人などが最初に搭乗することができます。
その次に優先的に搭乗できる権利を持っているのがマイレージ会員で、多くのマイレージを保持していて、ダイアモンド、プラチナムなどの会員となっている人です。
ANAの場合は、ダイアモンドとプラチナム会員。
JALの場合は、ダイアモンドとプラチナム、サファイア会員。
となっています。
あと、もちろん、上級グレードの客は優先登場できます。
ANAの場合はプレミアムクラス。
JALの場合はファーストクラスです。

案外安いプレミアムクラストとファーストクラス

優先搭乗の難易度的に一番低いのはアッパークラスに乗ることだと思います。
高いと考えがちなアッパークラスですが、意外に安く乗ることができます。
安く乗る方法は、特割を利用すること。
飛行機の場合は早期割引が充実していますので、早めに予約することで安く乗ることが可能です。
特割だと、新幹線のグリーン車に乗るより安く登場することができます。
新幹線のグリーン車に比べて特典満載です。
例えば食事が付きます。
優先搭乗もできます。
空港内のラウンジを利用可能です。
このラウンジはカードラウンジとは違います。
カードラウンジは、各クレジット会社のゴールドカード以上を持っていれば入れるラウンジです。
ANA LOUNGEやダイアモンド・プレミアラウンジなどはプレミアムマイレージメンバーか、ANAならプレミアムクラス、JALならファーストクラスに搭乗する方しか利用することができません。
カードラウンジは、飲み物ぐらいしかありませんが、ダイアモンド・プレミアラウンジなどでは、メゾンカイザーのパンやJAL特製焼きカレーパンなども食べることができます。
機内で食事も出るし、ラウンジでパンなんかも食べることができるので、お得と言えるわけです。
 

ダイアモンドとプラチナム会員になるためには

ダイアモンドとプラチナムの会員になるにはかなりのマイレージが必要となります。
実際にはマイレージではなく、プレミアムポイントです。
最低でも50,000ポイント。
ダイアモンドは100,000ポイントが必要です。
海外旅行をすると、千数百ポイントは獲得できますが、50,000はなかなか遠そうです。

Follow me!