Android搭載カメラって便利かな?

カメラが高性能化して、スマホ化しています。
そらそうですよね。
スマホや携帯がカメラ化してたわけですから、その逆もあって当たり前ですね。
 
しかし、考えるのが、どんどん昨日が増えているスマホは本当に便利か?ってことです。
スマホにカメラが付き、ワンセグが見れ、Felicaが搭載されお金が要らなくなります。
まさにスマホさえあれば他に何も要らない状態ですね。
 
そう思って、ワンセグをスマホで見ていると肝心な時にスマホのバッテリーは空って事も多いはず。
じゃ、予備のバッテリーを持っておこうかって事になるとコレが結構重い。
結局、スマホとワンセグテレビを持つのと同じ事になりそう。
 
だから、少なくともコレが欲しいって昨日は別で持っておきたくなります。
私の場合は本。
電子書籍をiPhoneと別に持っているわけです。
でも、やっぱり紙の本って感じはまだありますね。
私の部屋の本棚から本が無くなる日は何時の事やら。
 
最近話題が、Android搭載のカメラです。
サムソンのGALAXY CameraやニコンのCOOLPIX S800cが発売間近とか。
カメラとして考えると、Wi-Fiや3Gが搭載されているのは便利ですね。
スマホより綺麗な映像をすぐにネットにアップできます。
FaceBookに投稿できるわけです。
 
更に、スマホのように撮った写真を加工後にすぐFaceBookに掲載できますね。
そう考えていくと一つの結論に達しました。
全ての機能を一つのハードに搭載するのは、バッテリーの問題が解決しないと便利と言い切れない。
しかし、全ての器械が共通のOS搭載で、操作が統一されるのは便利です。
カメラでも、スマホでも、写真を撮影して、編集しネットにアップできると便利と言う事になりますね。
 
オールインワンハードより、オールデバイスオンリーOSって事かな?
あっ、英語は気にしないでください。
英語苦手なんでw

Follow me!