妻が、有川浩さんにサインをいただきました

有川浩さんをご存知でない方は少ないと思います。
図書館戦争、フリーター家を買う、阪急電車などで有名な小説家、有川浩さんです。
少なくとも、読書が好きって言う人は、ビジネス書を読む方であれ、小説を読む方であれ、本屋に行くと目にはいるはずです。
本屋対象も何度も受賞されています。
そんな、有川浩さんにサインをいただきました。
いただいたのは私の妻ですがw

 

おまけに「旅猫リポート副読本」もいただいてしまいました。


今回、限定で発売されている旅猫リーポーと副読本をいただいてしまいました。
中には、短編が納められていて、ファンなら読みたい一冊です。
 
もともと妻が有川浩さんの小説を読み出したのは、私が「塩の街」を持っていたからです。
私が持っている「塩の街」を読んでみようって、読み始めたら妻の方が数を読む事になったってわけです。
 
旅猫も読みたいらしいのですが、手に入らなかったそうで、植物図鑑にサインをいただきました。
快くサインしていただきありがとうございました。
 
今回、サインを頂いた切っ掛けは、息子の友達が有川さんの大ファン。
サインが欲しいと言う申し出に、知人を頼り手に入れた次第です。
私の妻は、便乗組。
もちろん、最近読んだ本は有川さんの小説だけって言うファンには違いありません。
今後も、新刊で読んでいきたいと言ってます。

タイトルとURLをコピーしました