MacとiPadのCPUが共通化か?

MacのCPUがiPadで使用されているARMシリーズのCPUを搭載すると言う情報が流れています。
現在のMacはインテル製のiCoreシリーズのCPUを搭載しています。
私等は、インテル製CPUをMacが搭載した時に驚いた物です。
もともとモトローラのCPUを搭載していたMac。
アップルができたときからモトローラだったのです。
Mac mini
 
VIA 9to5mac
決して使い勝手が良いCPUとは言えないインテルのCPUになぜ変えるって思いました。
今度のCPU変更は納得できないでもありません。
ARMは、現在のCPUの主流になっているCPU。
組み込み型のCPUでは圧倒的シェアです。
ARMは、アーキテクチャだけをライセンスする方式で販売されているため、多くのメーカーがCPUを生産しています。
そのため、供給が安定していて、値段も安くなるのです。
ARMからIPコアのライセンス供与を受けている主な企業には、IBM、モトローラ、テキサス・インスツルメンツ、任天堂、フィリップス、などなどです。
シャープ、サムスン電子、パナソニックでも生産されています。
私も、組み込みCPUとして使用した事がありますが、結構使いやすいです。
数が多く使われているので、様々なライブラリーも存在してるのですね。
現在のAppleは、iPadやiPhoneで、ARMのアーキテクチャで設計されたAシリーズが搭載されています。
MacにもAシリーズが搭載されるのでしょうね。
9to5macには、4つのコアから8つのコアまでのCPUが搭載されるだろうと書かれています。

Follow me!