α7s:もうフラッシュは必要ない暗視カメラの様に少しの光で写せるα登場

新たなα7が発表になりました。
今度のα7には後ろにSが付いています。
今まで発売されているαと何が違うのでしょうか。

α7sは廉価版?その疑念を払拭

新しいα7sの最大の特徴、それは1200万画素35mmフルサイズCMOSセンサー搭載という点。
えっ、35mmなのに1200万画素って、確かα7Rが3640万画素、α7が2430万画素だったはず。
てことは廉価版?そう思った人も多いのではないでしょうか。
私の様な素人考えだと、画素数=美しさ=高級というイメージを持ってしまいます。
しかし、三種類のαは全て開発コンセプトが違っているのです。
α7sが廉価版であるわけではなく、開発のコンセプトが違うのです。
同じ面積で画素数が少ない。
ここに大きな特徴をα7sは秘めていたのです。

フラッシュ不要、暗闇でもローソク一本で綺麗に写る

どんなカメラであっても、同じレンズを使ったとすると、センサー1画素の面積が広いほど光を集めることが出来ます。
暗くても撮影することが出来るセンサーと言うことです。
α7sは、ロウソク1本の光でも美しく撮影することが可能です。
いままでフラッシュを使って増光して使用していたカメラが、フラッシュを焚くことなく撮影が可能なのです。
カメラスタジオでも、ロケハンでも、光を増やすためにレフ版や照明は欠かせません。
この照明がいらないとするとどうでしょう。
装備の大半がバッテリー機器です。
アシスタントの数も減らせるかもしれません。
もともとミラーレスとして開発されたα。
最近のカメラは全てファインダーが有機ELファインダーになっています。
このファインダーを使うことで、暗闇でも被写体を見ながら取ることができます。
光学のファインダーでは、センサーに写る画像を見ながらの撮影は不可能です。
暗闇は、暗闇に過ぎません。
しかし、明るく取れるセンサーを搭載していて、その画像を見ながら取れるのなら、映せる画像を見ることが可能です。
暗闇でも被写体を確認して撮ることは、写真のクオリティそのものを向上させるかもしれませんね。

世界一のビデオカメラメーカーだからこその新しい動画撮影システム

世界一のビデオカメラメーカーはどこでしょう?
もちろん、だれも疑いもしないソニーです。
ビデオカメラにいたっては、スチールカメラと全然違うシェアを示します。
圧倒的にソニー。
そのソニーが、スチールカメラでの遅れを挽回するために投入するのがαだと言えるかもしれません。
このα7sは、ISO409600と言う異常なまでの明るいセンサーを利用して、動画の撮影に秀でた機体となっています。
暗いところでも綺麗に写るセンサーは、動画に向いています。
動画は、静止画の写真と違い、シャッタースピードを遅くして、露光を上げることが難しい。
明るいセンサーで、暗いところでも撮影可能なカメラは動画撮影にうってつけなのです。
 

 
現在、動画の撮影機材と一眼レフカメラの境目がなくなろうとしています。
一眼レフで動画も撮影することが出来る機会が増えてきています。
一眼レフ用の明るいレンズで撮影することができますし、一眼レフ用の機材はプロ用ビデオカメラに比べると遥かに安価です。
しかし、35mmフルサイズで撮影する動画は、ビデオカメラ以上に美しい。
この分野は、ソニーが先駆けですが、キャノンやニコンも動画撮影機能をフラッグシップモデルまで広げてきています。
ビデオカメラでシェアを持つソニーも対抗措置を取る必要があったのでしょう。
それが、このα7シリーズなのだと思います。
3種類あるα7は、それぞれの用途に用いて交換。
レンズは共通で使えます。
システムで考えると、α7Rとα7sを両方所持してもレンズが共用できるならコストは半分です。
カメラシステムで高価なのはレンズだからです。
おそらくソニーは、新しい動画や静止画の撮影システムを、レンズを含めたシステムでコストパフォーマンスが向上するような戦略に打って出たのだろうと思うのです。
この戦略は、今後のプロ用のロケビデオカメラの常識を変えていくような気がします。
と考えると、今ソニーの一眼は買いといえるでしょう。

Follow me!