バケツの法則–捨てるから成功する

あなたのバケツの容量は一定です。
才能とはバケツの容量がどれぐらいあるかだと思います。
才能のある人はバケツの容量がでかい!
たくさん入れることができます。
でも、肝心なのは、中に何を入れるかです。
石ころをたくさん入れてる人もいれば、ダイヤモンドをたくさん入れる人もいる。
バケツの容量が多くても、石ころばかり入れていたのでは成功しません。
バケツの容量が小さくても、中に金だのダイヤモンドだのを詰め込んでおけば、成功できるのです。
普通の人は、大人になったとき、バケツの中が石ころで満タンになります。
この石ころを、今まで積み上げてきたものだからと捨てることのできない人は成功できません。
大人になった時にバケツにまだまだ余裕があるぐらい才能のある人は大丈夫でしょう。
しかし、普通の人はバケツの中の石ころを捨てて中に金だの銀だのを詰めていかないと、いつまでたっても成功は無いのです。
一番大切なこと!
それは、才能ではありません。
バケツの容量ではないのです。
どれだけ、バケツの中の物を捨てることができるか。
捨てた分だけ新しく見つけた高価なものをバケツに入れる事ができます。
どんなに才能があっても、普通の人の2倍詰めることができるわけではありません。
やすっちい石ころを、どんどん捨てていけば、才能豊かな人にも勝てるのです。
それに、バケツが大きい人は、重い。
気軽に動けません。
バケツの中に石ころも詰め込んでいるので身動きとれなくなります。
まず、石ころを捨てましょう。
そして、ダイヤモンドを詰め込んでいきましょう。
まず捨てないと、ダイヤモンドを詰めることはできないのです。
あなたのバケツには、石ころばかり入っていませんか?

Follow me!