欲しくなるEV BMW i3

何度も書いていますが、ガソリン価格が高すぎます。

このガソリン価格に対抗するには電気自動車しかありません。

現在、乗りたいと思わせる電気自動車の最高峰の一つがBMWi3です。

私の通勤距離1日50kmですので、十分通勤可能な距離です。

値段も、BMWブランドであること、通勤車である事を考えると可能な値段かもしれません。

EV(電気自動車)のBMWi3は、観音開きのドアを採用

BMW i3のレビュー動画は、まだまだ海外の物が多くなっています。

見ていると、いろいろと特徴がある事がわかります。

まずはドア。

ドアが観音開きになります。

マツダのRX-8を思い出す作りです。

EV BMW i3

後部座席に乗り込む時は、一旦前のドアを開け、後ろのドアを観音開きにし、前の座席を倒して乗り込みます。

乗り込み方は、2ドアの車と同じ。

軽自動車でも4ドアであったり、スライドドアまで搭載している日本車に比べると、幾分使い勝手が悪い。

動画にも出てきますが、その点はシティユースと割り切る事でしょうか。

開く時も、中にあるノブを引っ張って開くタイプになっている様です。

EV BMW i3

本当に、普段はコミューターとして1人ないしは2人で乗る事を前提でしょう。

通勤用であるなら問題ありません。

でも、そうなるとスマートとどっちが?って事になりますね。

加速がなかなか凄いらしい

意外でも無いのでしょうが、BMW i3は加速が素晴らしいそうです。

もともと、モーターの特性から行って、低速で低回転数の時に効率良く加速できます。

モーターの初期加速には定評があるわけです。

加速性能は、結構な排気量とタメをはれそうです。


後の特徴として、ワイパーが両サイドに開くタイプです。

EV BMW i3

四角に近いフロントガラスが、ワイパーの拭き残しを作ると判断したんでしょうか。

その点、日本の小型車もミニバンも拭き残しは多いですね。

特に、最近のミニバンは拭き残しが多いのが事実。

両開きタイプは拭き残しが少ないのは事実ですね。

 

VIA autogefuehl(http://www.youtube.com/user/autogefuehl)

コメント

タイトルとURLをコピーしました