タイヤチェーン装着義務化! 簡単に巻ける・取り付けられるタイヤチェーン比較 おすすめはこれ!

自動車基本情報

大雪の時、特定の区間でスタッドレスタイヤなどを履いていてもタイヤチェーンの取り付けが必要になりました。

大雪で動けなくなった車によって長蛇の渋滞が発生しましたよね。

命が危険な大雪の時の渋滞を防ぐための対策です。

特定の区間で、大雪の際に走行するためにはチェーンが必要となりました。

 

ただ、本来通行止めの所に、タイヤチェーンを巻いたら走っていいよって規制だそうなので、勘違いしない方がよさそうです。

ただ、一般道もあるし、スキーヤーならよく使う高速道路もあるので、タイヤチェーンを携帯していた方がよさそうです。

そう思って調べてみると、最近では個性派のチェーンが多く売られていました。

大雪の時に簡単に装着最新タイヤチェーン情報

規制が無かったとしても、スタッドレスタイヤを履いていない車には雪の時タイヤチェーンが必要です。

スタッドレスタイヤを履いていたら、タイヤチェーンが必要になる場面がほとんど発生しません。

私は、かなりの大雪の中志賀高原や八方尾根やその他の雪国に行っていますが、タイヤチェーンは持っていません。

なんと言っても、タイヤチェーンは脱着が煩わしいです。

大雪が降りしきる中で、雪に打たれながらタイヤチェーンを装着するなんてまっぴらごめんです。

でも、スタッドレスタイヤを履いていない方は、絶対にタイヤチェーンを携帯しておいた方がいいです。

という事で、脱着が簡単なタイヤチェーンをご紹介します。

最近は本当にチェーンが進化しています。

3分割、4分割式非金属タイヤチェーン

アマゾンや楽天を見ると、今までのタイヤチェーンとは違うチェーンが販売されています。

今までって、金属チェーンか樹脂製のチェーンだったよね。

他にどんなタイヤチェーンが出てきたの?

樹脂と金属のチェーンは変わらないんだけど新しい取り付け方法のものが出てきたんだ。

取付方法が変わってきたのね。

私でも取り付けられるぐらい簡単かな?

最近登場している樹脂製タイヤチェーンの取り付け方法が従来と違っています。

新しいタイヤチェーンは、3つや4つに分割されているタイヤチェーンです。

従来のチェーンは、樹脂であれ金属であれ輪っかになってました。

タイヤに被せるタイプだったのです。

新しいタイヤチェーンは、タイヤのホイールに縛り付けるタイプになっています。

下の写真の様なタイヤチェーンです。

 

この様なタイプです。

取り付け方法の動画がYouTubeにアップされています。

輪の状態でタイヤに装着するのではなく、3つのパーツ一つ一つを巻き付けて使用します。

取付方法がわかりやすく、理解が簡単ですね。

 

いろんなタイプが発売されています。

 

分割タイプの利点

  1. 取り付けやすい。
  2. 取付方法が理解しやすい。
  3. タイヤのサイズに依存しない。
  4. 従来の樹脂チェーンに比べてコンパクト。

取り付けやすいと言うのもありますが、

取付方法が理解しやすいって事が一番の利点じゃないでしょうか。

チェーンの取り付けは意外に複雑で、理解するまで説明書を読んだり、

一度練習する必要があります。

さらに、タイヤのサイズに依存しません。

多くの樹脂製の非金属チェーンはタイヤのサイズに依存します。

なので、車を変えると使えなくなる可能性が高いです。

あと、意外に樹脂製の非金属チェーンは大きいので、トランクがいっぱいになってしまいます。

分割タイプの欠点

  1. 高速走行はNG
  2. 鉄ホイールに取り付けられないものがある。

どうしても取り付け方法から、高速走行ではズレてしまう可能性があります。

あくまでスタック防止用なので長距離走行も難しいかもしれません。

ホイールのリムの隙間が無いと取り付けられません。

スチールホイールに未対応のものもあります。

アルミホイールを履いている車がほとんどとなりましたが、スタッドレスタイヤはスチールホイールって人も居ると思います。

そんな時装着できないものもあるので、調べてから購入する事が必要です。

応急脱出結束バンドタイヤチェーン

最近見て驚いたのが結束バンドタイプのチェーンです。

こんなタイプのものです。

所謂結束バンドの中央がもこもこした形状になっている物です。

ただ、かさばらないので、車に1セット積んでおくといざというとき役に立ちそうです。

あくまでも緊急脱出用。

スタックしてしまった時に使用する用のタイヤチェーンになります。

スタッドレスタイヤでもスタックしてしまう時あります。

その時にも重宝します・

緊急用に1台に1セットあるといいと思います。

結束タイプの利点

  1. 取り付けが簡単
  2. コンパクトで持ち運びが簡単

なんと言っても簡単です。

ほとんどチェーンなんて使わないって人が万が一にって事なら絶対おすすめです。

結束タイプの欠点

  1. 使い捨て感覚です。
  2. 外すのは少し面倒です。

意外と締め上げるのに苦労する可能性があります。

装着時はともかく、外すのにはマイナスドライバーが必要です。

法的に大丈夫?ってところも何とも言えません。

規制がかかっている状況で、これですって見せてOKが出るかは未知数です。

布チェーンは規制されている道路では使用不可だという事です。

金属タイヤチェーンの利点と欠点

昔からある金属チェーンが最近進化して取り付けやすくなっています。

と言っても、少し取り付けにくいですね。

場所があって、車を少し動かせるなら簡単に取り付けられます。

金属タイヤチェーンの利点

金属タイヤチェーンはとにかく安い。

サイズも広範囲に対応しています。

相当の積雪でも一番登坂能力があります。

金属タイヤチェーンの欠点

装着が難しいのが欠点です。

雪が無い道では走るのが困難です。

雪が無い道で走ると切れる場合もあります。

非金属タイヤチェーンの利点と欠点

今までの非金属チェーンは様々なタイプが販売されています。

取り付けやすくはなっていますが、種類があって練習が必要です。

非金属・樹脂製タイヤチェーンの利点

ある程度積雪が無くても走れます。

取り付けも、金属チェーンに比べれば簡単です。

非金属タイヤチェーンの欠点

なんと言っても高価です。

サイズをタイヤに合わさないといけないため、車が変わると買い替える必要があります。

場所を取ります。

大きめのケースに入っていて、トランクを占領します。

タイヤチェーン比較

 

タイヤチェーンの種類 非金属樹脂チェーン 金属チェーン 3分割・4分割チェーン バンドタイプチェーン
脱着の簡易さ 覚えると簡単 少し難しい 理解しやすくて簡単 簡単
グリップ性能 グリップ性能高い 深雪で性能高い 分割部分があるのでやや弱い 緊急脱出用
耐久性 強い
収納時の大きさ 大きい 中くらい 小さい 極度に小さい

タイヤチェーンおすすめランキング

タイヤチェーンは、使うシチュエーションで違ってくると思います。

シチュエーショ別にお勧めするタイヤチェーンをご紹介します。

長距離の雪道を移動する場合のタイヤチェーン

長距離の雪道を走るなら非金属樹脂チェーンがおすすめです。

金属チェーンに比べて振動が少なく、圧雪された路面でも走ることができます。

取り付けも楽になっているものが多くて、一度練習しておけば取り付けもスムーズです。

雪道→アスファルト→雪道ずっと雪道でない場合におすすめのチェーン

雪国だとずっと雪なので、チェーンも付けっ放しで大丈夫ですよね。

もちろん、雪国ではスタッドレスタイヤを履いている人が多いと思いますが。

一番厄介なのは、ドライとスノーを繰り返す道。

普通のアスファルトをチェーンで長くは走れません。

取り外しが面倒だと大変ですよね。

そんな時には取り外しが簡単な分割タイプがおすすめです。

太平洋岸の雪が降らない地域でもぜひ!

雪国でなくても東京などでも、たまに大雪降りますよね。

何年かに一度の大雪のために、毎年車にチェーンをのせておけませんよね。

でも、あと少し、あの坂を登れば家に着くのに・・・

そんな事があるのも現実です。

だから、そういう緊急時に使い捨て感覚で備えておきたいのがバインドタイプのチェーンです。

値段も安いので、もしもの時には使い捨てもありだと思います。

深雪にはやっぱりスチールチェーン

がっつり深雪の道を進むには、やっぱり鉄製のチェーンですね。

鉄チェーンにも利点があって、鉄チェーンはタイヤの適用サイズ幅が大きいです。

1セット買えば車を変えても使えます。

非金属樹脂チェーンはサイズが決まっている物が多いですね。

それに、値段が安いです。

ただ、乗り心地はあまりよくないですよ。

チェーンを持っておくと安心

スタッドレスタイヤを履いていない人は、チェーンは絶対に持っておいた方がいいです。

現在の日本は、どこがドカ雪になってもおかしくありません。

太平洋は、簡易的なもので、目的地までたどり着けるために携帯しておくべきでしょう。

その場合簡単なものでもいいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました