ダイエット効果のある珈琲はやっぱレギュラーで!

血糖値の上昇を抑えるクロロゲン酸が豊富なコーヒー

コーヒーは、話題の成分クロロゲン酸が豊富に含まれています。

クロロゲン酸は、血糖値の急激な上昇を抑える効果が知られています。

この効果のため、食後コーヒーを飲む事で血糖値の上昇を抑え、ダイエット効果があるのです。

もちろん、糖尿病の人にも効果があります。

デザートと一緒に飲むのはコーヒーって、昔の人はわからなくても気付いてたんでしょうね。

甘いものを食べる時はコーヒーを飲んで、血糖値の上昇を抑えた方がいいですね。

もちろん、食べ過ぎても大丈夫というわけではありませんよ。

コーヒー&リラックス

クロロゲン酸はインスタントコーヒーよりドリップコーヒー

血糖値の上昇を抑える働きがある成分はクロロゲン酸。

インスタントコーヒーよりドリップコーヒーに多く含まれています。

と言うか、インスタントコーヒーにも含まれているなんて驚きです。

コーヒーがいいと言ってもインスタントコーヒーには入ってないだろう、そう思ってました。

でも、インスタントコーヒーに入っているなら、気軽に摂取できますね。

更に、効果を得たい時にはやっぱりドリップコーヒー。

時間が許すならドリップコーヒーを飲んだ方がいいですね。

インスタントコーヒーに含まれている事は、ネスレが宣伝しています。

さすがネスレ、宣伝に事欠かないですね。

 

タイトルとURLをコピーしました