ダイエットだけでないコーヒーの効能7選

コーヒーに含まれるダイエット成分クロロゲン酸。

クロロゲン酸は、血糖値の上昇をゆるやかにする効果があります。

しかし、コーヒーに含まれるポリフェノールは他にもあり、コーヒーポリフェノールにはいろんな効能があるのです。

そんな、コーヒーの効果を7つほどご紹介。

コーヒーブレイク

1.ダイエット

一番に出てくるのがクロロゲン酸の効果は血糖値の上昇をゆるやかにする事。

血糖値の上昇がゆるやかになれば太りにくくなります。

さらにコーヒーポリフェノールには皮下脂肪を燃焼を促進させる効果。

2.リラックス効果

コーヒーには、人をリラックスさせる効果があることがわかっています。

コーヒーの香りを嗅ぐだけでも効能有りです。

カフェインは、兎角悪者にされますが、眠気を無くすだけでなくストレスを取り去る効果もあります。

3.夏バテ防止

コーヒーポリフェノールの持つ疲労軽減効果が、夏バテの予防に役立ちます。

少し、甘めのコーヒーを飲むと頭が動き疲労感を軽減します。

ただし、砂糖の入れ過ぎには注意しましょう。

4.日焼け対策

コーヒーポリフェノールには抗酸化作用があります。

この抗酸化作用の影響で、メラニン色素を生成を押さえ込みます。

5.飲み過ぎ対策

二日酔いを解消するために、濃い〜いコーヒーを飲む事はありませんか。

コーヒーのカフェインにはアセトアルデヒドを排出する働きがあります。

アセトアルデヒドは、アルコールを分解した後できる物質。

このアセトアルデヒドが頭痛の原因です。

6.頭をすっきり

言うまでもなく、カフェインは覚醒効果があります。

頭がぼーっとする時には、コーヒーブレイクが役立ちますね。

7.老化防止シミ対策

コーヒーポリフェノールがメラニンの生成を抑えるので、シミの抑制に役立ちます。

抗酸化力は、紫外線による光老化を防ぐ働きがあります。

 

タイトルとURLをコピーしました