ダイエットにも効果があるか?新型コーヒー

最近話題になっている高血糖対策。

それがコーヒーです。

インスタントコーヒーの最大手、ネスレも宣伝しているほど。

インスタントコーヒーにどれほどインスリンの働きを活性化させるのかわかりません。

ネスレが言うんですから、大丈夫でしょうw

ハーバード大学では、男女12万人を対象に調査したそうです。

週に5回程コーヒーを飲む人は、ほどんど飲まない人に比べて、糖尿病を発祥する確率は半分だそうです。

太った人

インスリンの働きを活性化する成分はクロロゲン酸

コーヒーの成分の中で、インスリンの働きを活性化する成分はクロロゲン酸という成分です。

クロロゲン酸は、食後の血糖値の上昇を抑える働きがあると考えられています。

クロロゲン酸は熱に弱いため、高温で焙煎する豆には含まれる量が少なくなってしまいます。

浅煎り豆の方がいいのです。

クロロゲン酸の働きに目をつけた企業が、クロロゲン酸がたくさん入ったコーヒーを発売し始めました。

新型コーヒーと言われるコーヒーです。

新型コーヒーを食後に飲む。

1日1回から2回飲むと血糖値が30ほど下がったと言う人も出てきました。

更に、嬉しい効果として、体重も減ると言うから凄いです。

やはり、太るメカニズムはインスリンと血糖値にあるんですね。

クロロゲン酸が豊富!更に難消化性デキストリンを配合

更に、注目の新型コーヒーがトクホのコーヒーとして発売されています。

このコーヒーは、以前から当ブログでもご紹介している難消化性デキストリンが配合されています。

難消化性デキストリンは、所謂食物繊維。

難消化性デキストリンが小腸に入ると、ブドウ糖の小腸への吸収を遅らせる働きがあります。

ブドウ糖が一気に小腸に吸収されると血糖値も一気に上がります。

血糖値はある値、閾値を超えるとインスリンが分泌されて中性脂肪に変わります。

ブドウ糖も吸収が穏やかならインスリンは分泌されす太りません。

インスリンも温存できる訳です。

コーヒーの効果も期待できる難消化性デキストリン入りのコーヒーは、ダイエットにも効果があると思われます。

 

クロロゲン酸のサプリメントもあります!

生コーヒークロロゲン酸 約3ヶ月分 ダイエットサポート サプリメント

 

トクホのコーヒーはこちら!

特定保健用食品(トクホ)のコーヒーです。『フィットライフコーヒー 30包』(8.5g×30包)〜食物繊…

 

タイトルとURLをコピーしました