さすがカナダ、テイクアウトショットが上手い、カーリング女子日本代表カナダに惜敗

強豪カナダに惜敗

日本女子カーリングチームは、いよいよ現在全勝中のカナダ戦を迎えました。
カナダと言えばカーリング大国。
各街ごとに、カーリング場があって、数千とも言われるチームがあるそうです。
カナダは、国の代表になるのが非常に難しいと言う話。
国の代表になる方が、世界で戦うより難しと言う噂もあります。
そのカナダを苦しめましたが、流石に自力で勝るカナダに惜敗となりました。
1回のスチールをして、流れは日本に来たのですが、惜しくもその後スチールを許してしまいました。
ただ、今大会無敗で、10エンドまだ戦えた相手は日本とイギリスだけと言うカナダの強さ。
日本も善戦ですね。

流石に上手い、カナダのテイクアウト技術

カナダとイギリス。
この2つのチームの共通する点は、テイクアウトショットの上手さ。
ガードで隠しても、簡単に出すショットをおこなってきます。
曲げて、難しい所にぴたりと付けるショットが心情のカーリングです。
しかし、それに加え弾き出すショットが上手いと、ガードして守っている石も、上手くはじかれてしまいます。
このショットにミスが無い。
確実にテイクアウトする。
この上手さが光ります。

パワーの無い日本は難しいショットが要求される

やはり、東洋人は西洋人に比べてパワーで劣るところは否めないと思います。
ボウリングでも同じですが、少しのズレはパワーで補える場合が多いです。
パワーさえあれば、表面の変化をモノともせずに、相手のストーンへ一直線に迎えますしね。
パワーが無い分、日本人選手は、難しいショットを成功させないといけない場面が増えます。
かなりの確立で難しいショットを成功させている日本チームですが、難しショットには失敗もつきものですね。

さっ、気を取り直しでスイス戦へ

さっ、オリンピックカーリングも終盤戦へ向かいます。
ここは善戦したと考えて次のスイス戦に勝利して欲しいですね。

Follow me!